伊集院光、宮迫博之らの闇営業問題で改めて考える「反社会的勢力の関係者」であることを判別する困難さ「僕、無理だと思うもん」

2019年7月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、宮迫博之らの闇営業問題で改めて、「反社会的勢力の関係者」であることを判別する困難さについて語っていた。

伊集院光:今回の大きなことを、今度は個人的な事情。個人的な思いとか、個人的な物の考え方で言うと、僕ね、どうやったってその時点で、反社会的な組織だったり、団体だって分からない。その関係者だって人と、分からないで仕事を請け負ったり、ましてや一緒に写真を撮ったり、みたいなことが後に発覚したとして、それは遺憾だとは思うよ。

新井麻希:はい。

伊集院光:遺憾だとは思うけど、僕、自ら謹慎はしないです。

新井麻希:うん。

伊集院光:そうなると、その段階では知り得なかったであろう正当性を、頑張って証明するしかないし。

新井麻希:はい。

伊集院光:もしくは、後で分かったんだから、どうしたらいいかってことに関しては、その遺憾な思いと一緒に考える。

新井麻希:うん。

伊集院光:だって、僕、無理だと思うもん。僕、平気で旅先で人の家に泊まるし。

新井麻希:ふふ(笑)

伊集院光:で、飲んでる時に急に団体で入ってきた人がそこ座って、正直、その人は、ちょっと変な人だったけど、おかげでその人が実は一生懸命、自費でポルノ映画を撮ってる監督で。彼の作品を見て、とてもよかった(笑)

新井麻希:ふふ(笑)

伊集院光:そういうこととかもある。僕は、本当に普通の港町で、おじさんに「おい、お前泊めてやるよ」って言われて、「それじゃあ、すみません。夜の宿もないんで」なんてことをしてるおかげで、色んなことが分かって。色んなことに出会えたりもするから。

新井麻希:うん。

伊集院光:そこのフィルターを物凄い強めることは今後もないと思います。

新井麻希:うん。

伊集院光:ただね、お金をもらってイベントをやるかってことになると、またちょっと別なんです。これは、僕はイベントをしないっていう(笑)基本的に、面倒くさいと思ってる。

新井麻希:はい。

伊集院光:だから、あんまりイベント仕事を受けないし、もっと言うと、これ周りのことはもっと突くといっぱいあるんだけど。「それは、事務所との契約がどうなってますか?」っていう、個人的な僕と事務所の問題としてはある。

新井麻希:ああ。

伊集院光:なんか、論点がどんどんズレてくような気がして。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事