加藤浩次、宮迫博之と吉本興業が和解のための話し合いをした上で「ロンブーのようにエージェント契約を結ぶ」ことを提案「株式会社雨上がり決死隊を作り…」

2020年8月8日配信開始のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』の動画で、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、雨上がり決死隊・宮迫博之と吉本興業が和解のための話し合いをした上で「ロンブーのようにエージェント契約を結ぶ」ことを提案していた。

加藤浩次:今考えたら、やっぱり嘘ついたことだと思うのね。

宮迫博之:うん、うん。

加藤浩次:でも、そこって人間だったら誰でもあるわけさ。それをやっちゃいけないんだけど、人間だったら「僕、やってないです」って怖くて言っちゃうことって誰しもがあると俺、思ってんのね。

宮迫博之:まぁね。

加藤浩次:ダメなことなんだけど、ゼロじゃないと思ってる。

宮迫博之:うん。

加藤浩次:世の中的には、その間違ってね、ビビってね、保身のために「もらってないです」と。「もらってないことにしようぜ」っていう。ダメなんだけど、そこって世の中にはいっぱいあって、ある種、許容しなきゃいけないことだと僕はちょっと思ってて。

宮迫博之:うん。

加藤浩次:で、時間がこれ経ったわけでしょ。これでもう1年ぐらい。

宮迫博之:そうね、ちょうど1年ぐらいかな。

加藤浩次:1年ぐらい経って、改めて僕は話してもいい機会だと思うんですよ。冷静にみんななって。俺なんかすぐ熱くなっちゃうから、俺は参加しない方がいいんだけど(笑)

宮迫博之:ふふ(笑)

加藤浩次:でも、一回冷静になって、宮迫さんって一回解雇になったけど、ちょっと話をしようかっていうのは、僕は吉本的にもあってもいいと思うし。

宮迫博之:ああ。

加藤浩次:宮迫さんの気持ち的にね、もう吉本に戻るっていうのがヤダって言うんだったら、それは亮もいまね、株式会社ロンドンブーツっていうのを作って、エージェントで吉本と契約してる、と。それだったら、株式会社雨上がり決死隊っていうのを作って、蛍原さん社長で、宮迫さんがそこにエージェントの形で、蛍原さんと一緒に仕事できるようになるっていう形になっても、僕はね、個人的にはいいと思ってるんですよ。

宮迫博之:うん、たしかになぁ…



宮迫ですッ!

本日の人気記事