宮迫博之、ナイナイが『とぶくすり』へ抜擢された当時に岡村隆史へ抱いていた気持ちを告白「一番抜かれるわけないと思ってた奴が…」

2020年8月8日配信開始のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』の動画で、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が、ナインティナインが『とぶくすり』へ抜擢された当時に岡村隆史へ抱いていた気持ちを告白していた。

加藤浩次:不幸があって…不幸って言ったら、宮迫さんに失礼かもしれないけど。

宮迫博之:うん。

加藤浩次:まぁ、大変なことがあってね、色々。

宮迫博之:うん。

加藤浩次:大変なことがあって、違うことをなんか初めて。失ったものも大きいけど、なんか得たものもあるっていうことですね。だから、不思議だなぁと思うんですよ。

宮迫博之:不思議。人生の不思議はいっぱいあるね。

加藤浩次:多分ね、マイナスがあったらプラスがあるようにね、夜があったら昼があるように、何かうまいことできてるんでしょうね、人間って。

宮迫博之:そうやねん。岡村とも何回か喋ったけど。

加藤浩次:はい。

宮迫博之:アイツも色々大変なことあったから。

加藤浩次:うん、うん。

宮迫博之:喋りはしたけど、なんかね、不思議なことはたくさんあってさ。天然素材っていう、一応リーダーやってたから、俺らが。

加藤浩次:うん。

宮迫博之:で、『めちゃイケ』の前の…

加藤浩次:『めちゃモテ』?『とぶくすり』?

宮迫博之:『とぶくすり』かな、ナイナイが選ばれて。

加藤浩次:はい、はい。

宮迫博之:入った時の話。数年後かな、岡村に聞いたことがあって。その時、立場は大逆転してしまって。アイツらがパッと売れてしまってさ。

加藤浩次:東京でバーン売れて。

宮迫博之:そう、そう。養成所の時、俺の実家の応接間で寝泊まりしてたような奴が、信じられへん抜かれ方したやんか。

加藤浩次:うん。

宮迫博之:一番抜かれるわけないと思ってた奴やったから。

加藤浩次:うん。

宮迫博之:で、俺のためのフォローなんかな。嘘か本当か分からへんけど、一緒に飲んだ時に、「片岡飛鳥さんに聞いたんですけど。雨上がりかナイナイかどっちか悩んでたんですって」と。

加藤浩次:え?そうなんだ、知らない。

宮迫博之:「最終的に僕ら選ばれて、なんで雨上がりじゃなかったんですか?」って訊いた時に、「雨上がり決死隊はもう完成されている」と。

加藤浩次:おお。

宮迫博之:「お前たちは粗削りだから、今から作っていくという作業に向いている」っていうことだったんで、「凄い悩まれてたんですよ」って。俺、その時、全然仕事なかったからさ。

加藤浩次:うん、うん。

宮迫博之:気持ちのフォローのために言ってくれたかもしらんけど、さらに落ちたもんな。「そうやったんや」って。

加藤浩次:ふふ(笑)

宮迫博之:でも、その時、しばらく飲んでて、「でも良かったな。俺らやったら、『めちゃイケ』になってないぞ」と。

加藤浩次:うん。

宮迫博之:「恐らく、俺らがあそこに入ってたら、絶対『めちゃイケ』にまで昇華されてない」と。

加藤浩次:時系列で言ったら、天素がギャーって東京ではなったでしょ。その後、人気がちょっと…形が変わってって、その間にナインティナインが『とぶくすり』って話になったって、その時でしょ?

宮迫博之:そう、そう。

加藤浩次:結局、宮迫さんは東京にいたけど、大阪に帰ったっていう時でしょ?

宮迫博之:帰ってはない。

加藤浩次:帰る前?

宮迫博之:帰ってないけど。

加藤浩次:結局、帰らなかったんでしたっけ?

宮迫博之:その時にもう、ただただ落ちたってだけ。



宮迫ですッ!

本日の人気記事