おぎやはぎ矢作、小木は頭痛が酷すぎて仕事中でも「今、何も考えてないな」と思う瞬間があり心配していたと告白

2020年7月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの矢作兼が、相方・小木博明は頭痛が酷すぎて仕事中でも「今、何も考えてないな」と思う瞬間があり心配していたと告白していた。

矢作兼:そもそも俺、小木との付き合いは20何年でしょ。最初の頃は偏頭痛凄いから…偏頭痛で頭痛薬とか飲んでたぐらいだけど。芸人になってからは、10年ぐらい前とか、忙しくなってきた時かな。忙しさとストレスでちょっと偏頭痛酷くなってるなって感じしたんだけど。「まぁまぁ」って感じだったんだけど。

でも、ここ1~2年、俺から見ても、頭痛すぎて「今、何も考えてないな」って思う瞬間とかあって、これは心配だなって思ってたけど。でも、このへずやすみで、相当復活して、今までの3倍ぐらい面白くなって帰って帰ってくるかもしれない(笑)

いや、あの状況でアイツはよくやってったよ。痛いながらも面白かったからね。だから、相当期待していいんじゃないですか、このメガネびいきのクソメン、クソガールの小木ファンは。

喋りまくって止まらないんじゃない?帰ってきたら小木つなぎやってもらおうか。アイツ、帰ってきた小木は2時間いけると思うよ。危なくなってきたら俺が入ってくる隙がないぐらい。伊集院さん超えるんじゃねぇか?もしかしたら(笑)



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事