東野幸治、ピース・又吉直樹原作の映画『劇場』主演の山崎賢人・松岡茉優の役作りや演技を絶賛「本当にいそうな感じで」

2020年7月22日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第52回にて、お笑い芸人・東野幸治が、ピース・又吉直樹原作の映画『劇場』主演の山崎賢人・松岡茉優の役作りや演技を絶賛していた。

東野幸治:又吉先生の書いた本、2作目『劇場』、それが映画公開しました。そしてなんと、コロナウイルス騒動で公開が遅れて、同時にAmazonプライムで配信されました。2時間オーバーの映画です。

観ました。劇団の脚本・演出とかをする山崎賢人君。彼女役の松岡茉優さん、『万引き家族』の娘さん。あの二人が主に出てるんですけれども。

まぁ、めちゃくちゃ暗かった。悩んでいる時に『劇場』観たら、これ『幻ラジオ』聴いている芸人さん、もしかしたらいるかも分かりません。仕事に悩んでいる芸人さん、いるかも分かりません。絶対に観てはいけません。物凄く引っ張られます。どんより落ち込みます。

パンサーの向井君とこの間仕事して、その『劇場』見たって話になって。「観ました、見ました、僕ね、映画館で観ました」って。「俺、Amazonプライムで見た。すっごい暗かったよな。オモロイねんけど、気持ち持っていかれるよな」って。

「そうなんです。あれ、僕、映画館で観たんですけど、あれお昼に見て良かったです。あれ、夕方から夜に観て劇場出て真っ暗やったら、かなり落ち込みます」って言ってたし。

山崎賢人君もなんか、もう又吉みたいな感じやし。なんかやせ細って仕事がない、自意識過剰なイヤ~な。東京にやってきて役者志望、脚本書く。でも全然作品が評価されへんって言って、悩みに悩んだ青年役なんですけど、めっちゃくちゃ良かった。

なんかネットで調べたら、監督、行定勲さんっていう方なんですかね。衣装合わせの時に、「歯が白すぎますね」って言われたら、「コーヒー飲んで、汚くします」みたいな役作りして。本当にいそうな感じで。「いや、こんな奴最低やわ。もうやめたらエエのに」って。ぜひぜひ、皆さん見て下さい。

あと、松岡さん。東京にやってきて、夢持ったけども、なんか上手いこといけへんけど、一生懸命働いて彼氏の夢を応援してるっていう感じの女の子の。彼氏に言えない、本音言えない女の子の感じがバッチリで。

あと、なんか着てる感じとか、なんか体型も。決してスタイルが良くない感じの、いそうな感じで。上手やったわぁ。

オススメです、『劇場』。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事