矢部浩之、岡村隆史が「コロナと風俗嬢」発言で女性軽視・男尊女卑的な思想を持っていると思われることは「もう致命的やと思う」と苦言

2020年4月30日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之が出演し、岡村隆史が「コロナと風俗嬢」発言で女性軽視・男尊女卑的な思想を持っていると思われることは「もう致命的やと思う」と苦言を呈していた。

矢部浩之:こういう仕事やから、もう人気商売やしあとキャラクターもあるやんか。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:ある意味、自己プロデュースやし。それを作ってきた一つでもあるやん、そういう…また思い出してね、不快な思いされたらごめんなさいですけど、風俗キャラとか。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:そういうのも。それもキャラクターになってたから。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:多分、無意識にいつもみたいに喋ってたんやと思うのよ。

岡村隆史:それはそうやと思う。

矢部浩之:一笑い。それはもう同業者は分かるし、スタッフも分かんねんけど。やっぱりこうあなたの言う…いや、もうこれは岡村隆史にはタブーやねんけど。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:根本やねんって、それも。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:で、今回、電波に乗せてそういうことを言ったのが大問題。大炎上になったんやけど。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:別にラジオってガチガチにセリフ決まってて100%演じてないから。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:自分の考え、自分の言葉で喋ってるから、そういう人間やって思われても仕方ないねん。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:いや、もう致命的やと思う。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:岡村隆史が女性に対して、軽視しているとか。男尊女卑であったり。ただもう、我々はもう50手前やから、自分らの親父とか、おじいちゃんとか見てたら、もちろんその世代やん。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:そうやねんけど、俺はよ、俺は40までフラフラしてたけど、何か気づいたの。

岡村隆史:違うっていう。

矢部浩之:女性に対して、結婚してもう間違いなく女の人は凄いなって思うねんけど。遊んでても、もうこっちの都合やん。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:で、独身やし。で、こっちの都合になんかいっつも合わせてくれてて。なんかその時に「あれ…」って自分で気づいて。

岡村隆史:うん。それは俺もちょっと思った時はある、本当に。「それは違うんや」と。

矢部浩之:年いくほど、絶対あるよね?

岡村隆史:うん。俺だけが全然変わってなかったから。

矢部浩之:でも、甘えてまうのよ。男の方がアホやから。ずっと甘えてまう、俺も甘えてきたし、今でももちろん甘えてるところあるけど。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:だからやっぱり、俺もやっと結婚して、ましてや子供にも恵まれて。よりどんどんリスペクトが増していったのよね。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:だから、景色を変えた方がいいと思う。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:別に結婚してるから偉いとかじゃなくて、多分、人間ってそう上手くできてんねやろなぁと思って。全く変わるから。

岡村隆史:うん。

矢部浩之:実際、周りの後輩とかスタッフに「変わった、変わった」って俺も言われるし。

岡村隆史:うん。俺だけが全くやっぱり変われなかったというか、そういう色んなところに甘えがあったんやろうな。

矢部浩之:うん、まぁそうね。



ナイナイのANN

本日の人気記事