千原ジュニア、松本人志と親しくなったのは「板尾創路と仲良い後輩がいる」ということを松本が珍しがっていたことがきっかけだったと明かす

2020年4月21日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、松本人志と親しくなったのは「板尾創路と仲良い後輩がいる」ということを松本が珍しがっていたことがきっかけだったと明かしていた。

若林正恭:ジュニアさんが、松本さんと仲良くなり始めるのは、どういうタイミングなんですか?

千原ジュニア:それは、あとで聞いたのは、「板尾がエライつるんでる後輩いるらしいな」と。

若林正恭:ああ。

千原ジュニア:「板尾が後輩とつるむって、それなんや?」みたいな感じやってんって。

春日俊彰:へぇ。

千原ジュニア:「誰や?それ」と。

若林正恭:ああ、板尾さん珍しいんですね、後輩とつるむって。

千原ジュニア:うん、そういう感じやってんって。

若林正恭:へぇ。

YOU:だから最初、松本さんと仲良くするのがちょっとイヤだったもん。

若林正恭:なるほど、ジュニアさんと松本さんが。

YOU:っていうことは、ジュニアも周りの後輩さんみたいに、「松本さ~ん」って行く感じが、なんか不思議すぎて。

春日俊彰:ああ。

YOU:最初、私は拒否ってた。

千原ジュニア:分かる、分かる。

若林正恭:拒否れないじゃないですか(笑)

YOU:拒否れないんだけどね(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事