『水曜日のダウンタウン』藤井健太郎P、テレビマンとしての原体験は『ビートたけしの元気が出るテレビ』『電波少年』だと語る

2020年3月25日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、TBSテレビのプロデューサー・藤井健太郎がゲスト出演し、テレビマンとしての原体験は『ビートたけしの元気が出るテレビ』『電波少年』だと語っていて。

佐久間宣行:最初に、テレビの番組とか、原体験というか。最初に面白いって思ったのは何?

藤井健太郎:最初は『元気が出るテレビ』ですね。子供なんで、ただ単に「面白いなぁ」って思って。

佐久間宣行:で、テレビって、志したのはいつなの?

藤井健太郎:でも、なんとなく「面白そうだな」って思ったのは、中高生ぐらい。結構、早めだと思うんですけど。中高生ぐらいで、『電波少年』ですね。

佐久間宣行:ああ、そうか、そうか。

藤井健太郎:で、『電波少年』で裏方が面白いこと考えて、面白いことできそうだなって感じはあって。明確にっていうよりは、薄っすらですけど。

佐久間宣行:そうだよね。そこが全く…年齢は5個離れてるんですけど、藤井さんと僕が全然違うのは、僕は『夢で逢えたら』と『めちゃイケ』だから、演者が面白いって番組育ちなんだよね。

藤井健太郎:うん、うん。

佐久間宣行:で、藤井さんぐらいから下の子たちになると、やっぱり『電波少年』があって、制作が「これを仕掛ける」っていうのに、凄く喜びを見出すクリエイターがすげぇ増えるよね。

藤井健太郎:でも、電波少年は本当にキーじゃないですか。

佐久間宣行:そうだよね。『電波少年』が「テレビでこんな悪ふざけできるんだ?」っていう感じは凄いあったもんね。

藤井健太郎:うん。楽しそうだなって、純粋に思ったっていう。

佐久間宣行:うん。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事