木梨憲武、「とんねるず」というコンビ名は井原高忠Pに「とんねるず、とんまとのろまのどっちがいい?」と二者択一を迫られて木梨がその場で選択したと告白

2020年1月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜朝6時 木梨の会。』(毎週土 6:00-7:00)にて、お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武が、「とんねるず」というコンビ名は井原高忠Pに「とんねるず、とんまとのろまのどっちがいい?」と二者択一を迫られて木梨がその場で選択したと告白していた。

木梨憲武:「タカアキ&ノリタケ」から、そのプロデューサー、井原高忠さんが「とんねるず」という名前。

「あんたたちね、タカアキ&ノリタケが覚えづらいから、私、二つ考えてきた。とんねるずっていう名前と、とんまとのろま、どっちがいい?」って言われて(笑)

その時に、「とんねるずか、とんまとのろま…」って。すかさず俺の方が、「とんねるずの方で!」って(笑)そうしないと、タカアキがとんまで、俺がのろまで(笑)俺、「のろちゃん」って言われてる可能性があったからね(笑)

ギリギリ、そういう18歳の時があったというのをですね、信号待ちの時に思い出したんですけども(笑)



土曜朝6時 木梨の会。

本日の人気記事