岡村隆史、『麒麟がくる』ドラマスタッフと話をしながらもその後ろでは「沢尻エリカ逮捕のニュースが流れていた」と明かす

2019年11月21日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』のスタッフと話をしながらも、その後ろでは「沢尻エリカ逮捕のニュースが流れていた」と明かしていた。

岡村隆史:昨日、(『麒麟がくる』の)ポスター撮りあったから。どんな感じかなって。まずメイク室行ったら、大河のスタッフのメイクさんいて、「ありがとうございます」って言って。

こっちも何喋ったらいいか分からへんから。「何からお喋りしますか?」って(笑)皆さんに、「何からお喋りしたらいいですか?」みたいな。

「いやぁ、大変でしたね」みたいなことから、でももう、その時にはもうスタッフも気持ちを切り替えてるというか。こうなった以上、もうしょうがないじゃないですか。もうスタッフからしたら分かりますよ、撮り直しやって。途中からそんなもう…中にいる人はね。途中まで流して、みたいなんは全く考えてないから。

あーでもないこーでもないっていう話しながら、そうやって喋っている内も、後ろのテレビではもう、沢尻エリカのニュース流れてるわけやから。「あ、きたきた」みたいなんなるねんから。

そういうのを背にしながらメイクしていかなアカンわけですよ。で、もうこうなった以上、もうしょうがない。俺的にはもうね、言うてもその、なんて言うのかな、「次の帰蝶、誰やと思いますか?」みたいな。

「誰がいいですか?」みたいな。「うん、そうですよね…」みたいな話をして、お茶を濁すしかないわけじゃないですか。

岡村隆史、沢尻エリカ出演のままの『麒麟がくる』を放送して欲しいという視聴者には「クスリやってた沢尻エリカを見たい」意識があるのではと指摘

岡村隆史、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で沢尻エリカと共演するも「顔見られへんかった」と告白「ずーっと待ちの間も下向いたまま」

有吉弘行、沢尻エリカに「薬物使用の噂」があったにも関わらず大河ドラマへ出演させたNHKは「身辺調査が甘かったんだろうなぁ」



ナイナイのANN

本日の人気記事