三四郎・相田、『まだ結婚できない男』で阿部寛が吉田羊の後ろに隠れる演技は阿部のアドリブだったと明かす

2019年11月15日放送のニッポン放送系のラジオ番組『三四郎のオールナイトニッポン』(毎週金 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・三四郎の相田周二が、フジテレビ系のドラマ『まだ結婚できない男』で、阿部寛が吉田羊の後ろに隠れる演技は阿部のアドリブだったと明かしていた。

相田周二:俺が出てるシーンって、阿部さんが一言も喋らないシーンなの。

小宮浩信:ああ、そうだったっけ。

相田周二:吉田羊さんが、ちょっと僕に話しかけて、僕が喋って、また吉田さんが質問して、喋るみたいな。

小宮浩信:うん。

相田周二:で、リハーサルでね、俺が喋ってたら、なんで桑野を恨むことになったのか、誹謗中傷することになったのかっていうのを話すシーンで、阿部さんがさ、急に…そんなのないんだよ。

小宮浩信:うん。

相田周二:阿部さんが急に、吉田羊さんの後ろに、イスのままさ、座ったまま吉田羊さんの背中の方に隠れんのよ。

小宮浩信:おお。

相田周二:で、「あれ?」って思って。「演技、忘れちゃった?」って思って。ダメだよ、そんな勝手なことをしたら。

小宮浩信:うん。

相田周二:その場にいるっていう設定なんだから。

小宮浩信:隠れて台本見てるかもしれないね(笑)

相田周二:忘れちゃって、バカだなぁって。

小宮浩信:そんなことないわ(笑)隠れて後ろで台本見るなんて(笑)

相田周二:セリフないのにさ、台本見ちゃって。

小宮浩信:長いから不安になったんでしょ。

相田周二:ふふ(笑)「ダメだよ」って思ったら、「カット!」ってなって。そりゃそうだよね。

小宮浩信:ああ。

相田周二:メガホンみたいなのでパコーンって、頭叩かれるのかと思ったよ。「何やってんだよ!」って言うのかと思ったら、監督が「いいですね、それ!」って。

小宮浩信:え?

相田周二:「いいの?」みたいな。「めちゃくちゃいいですよ」って。動きがね。

小宮浩信:うん。

相田周二:俺にビビるっていう桑野の心境で、吉田羊さんの後ろに隠れて。

小宮浩信:やっくんが今までの人生のことを言うんだよね。人生で上手くいかなくて、根が深くて。

相田周二:桑野さんなんていなくなればいいって感じで、結構強いこと言うから。

小宮浩信:ああ。

相田周二:ビビって後ろに行く演技。

小宮浩信:たしかに後ろに行ったほうがいいね、言われてみれば。

相田周二:「あ、そうなんだ」って思って。「ドラマってこんななんだ」って。「凄いぞ、これは」って思ってさ。

小宮浩信:リハの時にアドリブを入れてみる。

相田周二:「結構強いことを言われるんで、吉田羊さんの後ろに、ちょっと下がった方がいいんじゃないかなと思うんで、やってしまったんですけど」って。

小宮浩信:で、それ監督に言って。

相田周二:監督にちゃんと心境を説明して。「どうでしたか?」「いや、いいですよ」「ありがとうございます」って。シビィ~!

小宮浩信:決して、台本を見てたわけじゃない。

相田周二:台本も見てない。で、本番ね、やるじゃない。俺がセリフ飛んじゃうから、やめて欲しかったんだけど(笑)

小宮浩信:正直ね(笑)

相田周二:本当に、「余計なことしないでくれ」って思った(笑)

小宮浩信:そうだよね(笑)

相田周二:俺も必死だったから。緊張もするしさ。面と向かって見ることないじゃん、吉田羊さんも阿部寛さんもいてさ。俺の中ではもう桑野だから。もう桑野として動いてんのよ(笑)

小宮浩信:ああ。

相田周二:ちょっと感動もあって、ボーンッてセリフも飛びそうになるからやめて欲しかったんだけど。

小宮浩信:うん。

三四郎・相田、『まだ結婚できない男』出演で小松隆志監督の指示は「キモカワを目指して欲しい」だったと明かす

三四郎・小宮、相田が『まだ結婚できない男』に突如現れて驚く「CGみたいな感覚だったもん」



三四郎のANN

本日の人気記事