山里亮太、様々なラジオ局を股にかける土屋礼央とは違って自分はTBSラジオ一筋だと語る「土屋礼央じゃないんだから、俺は」

2019年11月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、様々なラジオ局を股にかける土屋礼央とは違って自分はTBSラジオ一筋だと語っていた。

赤江珠緒:現在ですね、旬のネタと言いますと、今、まさに大阪で、プロ野球の12球団合同トライアウトが開催中だそうです。

山里亮太:へぇ。

赤江珠緒:12球団、合同でやるというね、今ね。凄いですね。戦力外通告というのが、プロの世界、野球の世界、厳しいよね。

山里亮太:厳しいよね。あんだけさ、高校の時とかに、超一流、甲子園で。

赤江珠緒:そう。

山里亮太:大スターの人たちでさえ、受けたりするんでしょ。

赤江珠緒:そうでしょ。だって、ドラフトで毎年、70名以上の方が入るということは、それぐらいの方が戦力外通告を受けているという。

山里亮太:めちゃくちゃ厳しい世界でやってるんだよね。

赤江珠緒:ねぇ。

山里亮太:凄いよ、本当。

赤江珠緒:ねぇ、本当だよ。

山里亮太:ねぇ。ドラマあんだよね、これ凄い。

赤江珠緒:ああ、そう。

山里亮太:俺、あのドキュメンタリー見るもん、東さんがやるやつ。

赤江珠緒:ああ、そうね。支える奥様のやつね。

山里亮太:あれ悲しいのよ、子供が。

赤江珠緒:うん、そうね。

山里亮太:そう。

赤江珠緒:だって、スポーツ選手の引退年齢って、物凄い早いもんね。

山里亮太:早い。凄いよ。

赤江珠緒:そうだよね。山里さん、もしトライアウト受けるなら、FM?有楽町?松竹芸能?

山里亮太:僕ですか。

赤江珠緒:はい。

山里亮太:僕はもう一度、赤坂に頭を下げてね。

赤江珠緒:ええ。

山里亮太:「お願いします」って言う。それ以外、選択肢ないですよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

山里亮太:そんな、土屋礼央じゃないんだから。

赤江珠緒:ふふ(笑)そうですか(笑)そこで個人名を出すんじゃないですよ(笑)

山里亮太:土屋礼央じゃないんだから、俺は。

赤江珠緒:ふふ(笑)そうですか、わかりました(笑)

山里亮太:あの男は、ここにさらに浜松町まで加えるからね。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)引っ張りだこなのよ、その分、レオレオはね。

山里亮太:本当だよ。

土屋礼央、『レオなるど』には目撃情報などのメールが「とんと来なかった」のに『たまむすび』には届くようになったと明かす

山里亮太、土屋礼央が『レオなるど』での苦い思いを吐露したことを嬉々としてイジる「嫌な思いしたのかな、ニッポン放送で」

土屋礼央、3年間『レオなるど』で実現できなかった昼のラジオの理想像が『たまむすび』出演初回で実現できたと告白「俺のやりたい昼のラジオ」



たまむすび

本日の人気記事