伊集院光、國母和宏の名字を英訳すると「カントリーマアム」になるという発見を甲本ヒロトに「すげぇ面白かった」と褒めてもらえて嬉しかったと告白

2019年11月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、スノーボード選手・指導者の國母和宏の名字を英訳すると「カントリーマアム」になるという発見を甲本ヒロトに「すげぇ面白かった」と褒めてもらえて嬉しかったと告白

伊集院光:俺の中では、國母(和宏)選手を英訳すると、「カントリーマアム」になるっていうのを発見したのね、最初(笑)

凄いそれが嬉しくて。しかも、ラジオで「國母って、もうカントリーマアムじゃん」って凄い思って。それが凄い俺のツボで。「反省してまーす」の人っていうより、俺の中で「カントリーマアムの人」なの、ずっと。

しかもどれぐらい嬉しかったかって言うと、それをたまたま聞いてたクロマニヨンズの甲本ヒロトさんが、「それがすげぇ面白かった」って言ってくれるっていう出来事が、俺の中では國母氏だから。

結構、印象深く、それ全セットで覚えたもんだから。今回、「一旦立ち直った」的なやつで、すげぇ持ち上げたやつは、「あ、もうなしなんだ」みたいのをちょっと思いましたね。

伊集院光、國母和宏の逮捕で「腰パン騒動」が改めて取り上げられるもソチでの「改心」がなかったことになっていると指摘「そこもう、なくなってんだね」

甲本ヒロト、曲作りは基本的に楽しくて辛い時があったとしても「点滅です。光ったり、暗くなったりはしますけど、次、また光るんです」と語る

甲本ヒロト、「曲作りは落書きです」と表現した意味を語る「降りてきた最初の一本の線が、次から次に何かを呼んでくる」



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事