麒麟・川島、タカアンドトシに「申し訳ないことをした」と思い続けていることがあると告白「やっぱ気まずい」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年11月25日放送のTOKYO FMのラジオ番組『川島明 そもそもの話』(毎週土 17:00-17:55)にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、タカアンドトシに「申し訳ないことをした」と思い続けていることがあると告白していた。

川島明:上京した2年後には、2004年のM-1に決勝進出ということになります。

トシ:そうですね、結成10年目でようやく、なんとか滑り込んだということで。

川島明:これ、ラストイヤーっていうことでしたかね?

トシ:ラストイヤーでした。

川島明:はい。

トシ:で、思い出の…

川島明:僕らも2004年は敗者復活から。

トシ:そうです。敗者復活で来たよね。

トシ:行きました。で、最後にやったんだっけ?

川島明:ネタ出番は、敗者復活はもう9組目ということで。

トシ:最後ですよね。

川島明:はい。

トシ:それまでね、僕らは3位、決勝の決勝に残れる3位だったんです。

川島明:そうですね。

トシ:でね、「あ、麒麟上がってきたか」と思ってたんですけどね…まくりやがったな。

川島明:ふふ(笑)

トシ:忘れんぞ。

川島明:ふふ(笑)まぁ、アンタッチャブル、南海キャンディーズ、タカアンドトシという順番で、次、僕らのネタ出番になってね。

トシ:はい。

川島明:で、1位、2位は確定してると。

トシ:はい。

川島明:あとは麒麟かタカトシかっていうところだったんですけど。まぁ、麒麟がウケましてね(笑)

トシ:はっはっはっ(笑)

川島明:1回やってるから、外でネタを。

トシ:そうなんですよね。

川島明:仕上がっちゃってる。これ、もうルール破綻してるんですけど。敗者復活から来たやつ、めちゃくちゃ強いっていう。

トシ:それはもう、球速い、速い。

川島明:もう捨てるもんないから(笑)

トシ:ビュンビュン投げる。

川島明:で、なんとか運よくウケまして。麒麟が最終決戦に行き、タカアンドトシさんのラストイヤーは4位で終わるっていう。

トシ:唯一出れたM-1が4位という結果で終わりました。

川島明:そっからですね、ちょっとやっぱ気まずいっていうのは。

トシ:はっはっはっ(笑)いやいや(笑)

川島明:今になってもやっぱちょっと「すみません…」っていうのは、本当申し訳ない。

トシ:20年経ちますけど、それ(笑)

川島明:いや、ちょっとやっぱ怒ってはんのちゃうかっていうのは。

トシ:いやいや、本当は全然怒ってないというか。僕らの中では、もう決勝行けたことが全て、みたいなことだったんで。

麒麟・川島、M-1グランプリ出場を断念した理由にオードリー若林の存在があったと告白「中継で盛り上がってる横を、若林が凄い怖い顔して通ったのよ」
2020年7月21日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、M-1グランプリ出場を断念した理由に、オードリー若林の存...
麒麟・川島、松本人志がM-1で超辛口採点をしていた頃を知っている身からすると今の採点は驚きでしかないと語る「ビスケットブラザーズで2発98点出す?」
2022年11月10日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、松本人志がM-1で超辛口採点をしていた頃を知っている身...
麒麟・川島、M-1グランプリ出場を諦めたオードリー若林との敗者復活戦での出会い|世界は数字で出来ている
12月24日に開催される『M-1グランプリ2023』決勝戦では、例年と大きく異なる点がある。それは、敗者復活戦が初となる「屋内」で行われることである。 M-1グランプリの歴史を紐解けば、「敗者復活戦」方式が取り入れられたのは第2回の2002年である。当初はパナソニックセンター東京前特設会場で行われ、以後、第5回の20...
タイトルとURLをコピーしました