高田文夫、『いだてん』で宮藤官九郎は阿部サダヲと皆川猿時に「いいセリフ与え過ぎ(笑)」と発言

2019年11月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、『いだてん』で宮藤官九郎は阿部サダヲと皆川猿時に「いいセリフ与え過ぎ(笑)」と発言していた。

高田文夫:もう、阿部サダヲ活き活きだよ。

松本明子:凄いですね。

高田文夫:もうクドカンの本がね、思い入れが激しすぎ。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:阿部サダヲにね、いいセリフ与え過ぎ(笑)

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:もうね、阿部サダヲと皆川猿時。活き活きしてんだよ、セリフが。

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:他の役者さ、大したセリフないんだよ、お前。

松本明子:猿時さんも目立ってますねぇ。

高田文夫:猿時とさ、阿部サダヲ。もう活き活きだよ、クドカン台本でもう。

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:凄いよ。もう、下に代々木のところ地図引いちゃって。

松本明子:そう!

高田文夫:「朝霞から何時間もかけらんねぇんだよ」って。「オリンピックの熱は冷めない内に、ドーンッと選手村に来るんだよ。分かるか?」って。

松本明子:はい。

高田文夫:あれだよ。いつも昔から言ってるだろ。あそこがワシントンハイツだったところを、選手村にすんだよ。俺、すぐ横に住んでたから。

松本明子:ああ。

高田文夫:ワシントンハイツが選手村になって。ワシントンハイツに最後まで住んでたのが、ジャニー喜多川なんだよ。だからあそこで野球チームを作るわけだよ。そこに、あおい輝彦さんなんかも中に入ってって、ノック受けてたんだよ。そこで戦ったのが俺だからね。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:全部訊いてくれよ、なんだってさ。

松本明子:代々木のところだ。

高田文夫:広大なアメリカ。あれが選手村になるわけだよ。

松本明子:そうか、そうか。

高田文夫:みんな選手の思い出は、結局選手村だからね、世界中が交流して、肌の色も思想も超えて。

松本明子:スポーツだけで勝負する。

高田文夫:だけだよ。そういうことだよ。なんで札幌に行くんだって話だよ、マラソンがよ。

松本明子:東京オリンピックだっていうのに(笑)

高田文夫:本当だよ(笑)

高田文夫、『いだてん』でピエール瀧に続いてチュートリアル徳井の不祥事が発覚したことに「頼むよ、俺見てるんだから(笑)」

高田文夫、『いだてん』の視聴率がようやく盛り返してきたところで「チュートリアル徳井で落ちるんだ、また」と発言

高田文夫、『いだてん』チュートリアル徳井出演シーンをNHKが放送したことに言及「徳井外しできないでしょ、だって」



ビバリー昼ズ

本日の人気記事