佐久間宣行P、吉幾三に『酒よ』の歌詞カンペを出させられたとライブでコッソリ話すも高田文夫に暴露される「なんで名前言っちゃうんですか(笑)」

2019年10月28日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がゲスト出演し、『ANN0リスナー感謝祭2019』で、吉幾三に『酒よ』の歌詞カンペを出させられたとコッソリ話すも、高田文夫に暴露されてしまっていた。

高田文夫:テレ東でのさ、AD時代の話があって。またさ、こいつもさ、姑息にネタいっぱい持ってんだよ。若い頃のな。

佐久間宣行:若い頃の、AD時代の。

高田文夫:色んな放送では言えない苦労話もあるわけだよな。

佐久間宣行:はい、はい。

高田文夫:テレ東と言えば花火大会もあるし、有名なキャラクターもいるしな。

佐久間宣行:有名なキャラクター、テレ東の有名なキャラクターの話もしました(笑)

高田文夫:分かるでしょ?大変なんだから、アレ扱うの(笑)

佐久間宣行:扱うのが大変だって話で(笑)

高田文夫:大変なんだよな、テレ東のキャラクター。それを全部喋んだよ。

佐久間宣行:ふふ(笑)

高田文夫:面白いんだよ。

佐久間宣行:本当ですね(笑)っていうか、それ高田先生が聴いているとは思わないから(笑)

高田文夫:ふふ(笑)いや、コイツがADだった時さ、歌番組だと『年忘れにっぽんの歌』があるだろ。

松本明子:はい。

高田文夫:テレ東ならではのさ。コイツ、カンペ書かされるんだよ、全部。歌手に。

佐久間宣行:そう、そう。デッカイ模造紙の紙で。

高田文夫:歌詞を書くんだよ。で、手で持って昔はよ、見せなきゃいけないんだよ。

佐久間宣行:はい。

高田文夫:で、大体さ、それをやるのは新曲の場合が多いんだよ。

松本明子:うん、うん。

高田文夫:死ぬほど笑ったよ、吉幾三(笑)ちょっと話して(笑)

佐久間宣行:ちょっと待って、ちょっと待って(笑)なんで名前言っちゃうんですか(笑)

高田文夫:はっはっはっ(笑)

佐久間宣行:なんで名前(笑)なんで俺がシークレットでしてた話、ここで言っちゃうんですか(笑)

高田文夫:吉幾三の(笑)

佐久間宣行:なんなの、この人(笑)何年業界にいるんですか(笑)

高田文夫:50年(笑)

佐久間宣行:頭おかしい、頭おかしい(笑)

高田文夫:なんで?俺と吉ちゃんの仲だからいいんだよ。

松本明子:はっはっはっ(笑)吉ちゃんとの仲(笑)先生、大親友。

佐久間宣行:新曲の場合は、歌詞を書くことが多いんです。普通、持ち歌は出さないんですよ。で、持ち歌を時々、覚えられない人がいるんですよ。

高田文夫:日本で一番ヒットした曲、『酒よ』っていうのがあるだろ。誰でも歌えんだよ。

佐久間宣行:誰でも歌える。

高田文夫:吉幾三、「『酒よ』書いとけ」って(笑)

佐久間宣行:「『酒よ』のカンペ、出したことがある?」って話なんですけど(笑)

高田文夫:『酒よ』のカンペ、吉幾三に出すっつーんだよ(笑)

佐久間宣行:ふふ(笑)ちょっと待って下さい、俺、400人ぐらいに「これもツイートとかSNS、やめて下さいよ」って話して、なんでこんなにみんなが聴いているラジオで言っちゃうんですか(笑)

高田文夫:カンペで歌うんだよ、『酒よ』を(笑)

佐久間宣行:「『酒よ』のカンペ出した?」って話(笑)

高田文夫:最高だよね、カンペで歌うってね(笑)みんな知ってるわ、歌えるわ(笑)

佐久間宣行:大抵がソラで歌えるっていう(笑)

佐久間宣行、番組ADへ理不尽にキレ続ける歌手を中尾彬が一喝してくれた過去を明かす「中尾さんカッケェなぁ」

『アメトーーク』加地倫三プロデューサー、有吉弘行の「この年でカンペ出してるのは、佐久間と藤井と加地だけ」発言について語る

佐久間宣行P、立川談志から高田文夫が引き継いだ「お笑いの目利き」としての役割を今度は高田文夫から引き継ぐこととなったと語る



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事