伊集院光、『ゴリパラ見聞録』がメジャーになったら今のゆるいテイストは保てなくなると思う理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年1月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『ゴリパラ見聞録』がメジャーになったら今のゆるいテイストは保てなくなると思う理由について語っていた。

伊集院光:ゴリけん君やパラシュート部隊が、この全国ネットで見たのをきっかけに、超売れっ子になったとすると、あの温度の番組 もできないんだよね。

伊集院光、『ゴリパラ見聞録』はキー局のロケ番組とは違う「ゆるさ」が面白いと指摘「地方の番組の凄い良いところは…」
2023年1月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『ゴリパラ見聞録』はキー局のロケ番組とは違う「ゆるさ」が面白いと指摘していた。 伊集...

で、その辺がジレンマで。いつもみんなああいう地方の番組をやってると、もうちょっと給料増えたいと思うだろうし、もうちょっと有名になりたいと思うものの、有名になるとあの番組(ゴリパラ見聞録)は間違いなく失われていくっていう、この感じ。

だから、あの番組も14年やってるから、ファンの人とかも凄い「今度『ぽかぽか』で取り上げられるみたいなんで、伊集院さんも応援してください」みたいなツイートをもらうんだけど。

これが、もちろんみんなが知って面白いっていうのはいいことだけど。で、これ凄い売れると、あなたの好きなあの番組が、多分中央に向かって行って、中央の撮り方は、もっと違う取り方になっていくし。

あんなにリラックスした3人がめちゃめちゃ面白い感じには…もう酒飲んで、グダグダになって「俺売れてぇんだよ!」って泣き叫んだりとかしてんだけど。なんかそのゆるさっていうか、温度みたいなものは、キープできなくなるから。

なんかああいう感じでたまに見たりとか。…一番いいのは、ああいうのでみんなが公式配信とかで見たこととかが、本人たちの給料とかにフィードバックされるとかあれば、それが一番いいんだけどって思いながら。

これは今の、とにかく毎分視聴率を気にして、視聴率のいいところだけつなげていくぞ、みたいな番組の作り方ではできないやつだなって思って。

ケンコバ・アンガールズが語る、「吉本興業vsナベプロ」による九州を舞台にした仁義なき勢力争い
博多華丸・大吉さんが九州を手中に収めるも、彼らが上京したことをきっかけに、また新たに勢力争いが起こっているそうです。ワタナベエンターテインメントは、パラシュート部隊とゴリけんを送り込み、制圧を行おうとしている一方、吉本興業はサカイストを投入...
タイトルとURLをコピーしました