ウエストランド井口、M-1優勝してアナザーストーリーの密着取材を受けることで「気まずくてしょうがない」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年12月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ウエストランドの井口浩之が、M-1グランプリ2022で優勝してアナザーストーリーの密着取材を受けていることに「気まずくてしょうがない」などと語っていた。

太田光:M-1アナザーストーリーの話もしてたじゃん。あれが多分、審査員は「いやぁ、参ったなぁ」って感じになってんだよ、あそこが。

田中裕二:うん、うん。…あ、これ(密着取材)がアナザーストーリーか、今。

井口浩之:そうです。

太田光:これが(笑)

田中裕二:これなんだ?

太田光:こんなもんいらねぇんだ、バカ野郎!

井口浩之:はっはっはっ(笑)

田中裕二:今、ちょうど。カメラさん撮ってるなって思って。これがアナザーストーリーなんだ?

河本太:そうです。

太田光:そこがね、カメラちゃんと抜くのよ。「いやぁ…」っていうのを抜くの。だから、全員が実はお前らに協力しちゃったの。

井口浩之:うん、うん。

太田光:これがバラエティを作ってる人間のサガなんだなぁって思ったから、俺は一番そこが感動だったんだよね。

井口浩之:いやぁ、嬉しいですね。ただ、優勝した直後からアナザーストーリーの密着が来るんで。

田中裕二:うん。

井口浩之:気まずくてしょうがないんですよ、ずーっと(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:そうだよね(笑)

井口浩之:「なんかすみません」みたいな(笑)

太田光:M-1の抱えるジレンマだからね、それはね(笑)

田中裕二:いやぁ、いいじゃないそれは。

太田光:やっぱり感動じゃないじゃない、お笑いって。

田中裕二:そう、そう。

太田光:だからなんかさ、やっと自分の人生の主人公になれた、みたいなことを言う奴いるじゃん。

田中裕二:いるよね、たまにね。

井口浩之:僕がまぁ言いましたよ。

太田光:「なに?あのセリフ」みたいな。

井口浩之:ふふ(笑)

太田光:はぁ~?

田中裕二:しかも考えてたやつだから、それ。

井口浩之:ふふ(笑)

河本太:絶対、来年のポスターになる気ですから。

太田光:何なの?お前が言ったんだろ?あれをやるなって。

井口浩之:ふふ(笑)そうですけど(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

井口浩之:なんか言わなきゃいけないし(笑)

太田光:いやいや、言うに事欠いて「自分の人生の主人公になれました」って。

田中裕二:今までお前、隅っこに追いやられてたからな。

太田光:ダセェな、お前!

井口浩之:はっはっはっ(笑)

太田光:クソダサいから。

山里亮太、ウエストランド井口がM-1優勝して毒舌を求められ続けるという修羅の道を歩むことを心配「あの剣の破壊力と、自らに返ってくるものは…」
2022年12月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、ウエストランド・井口浩之がM-1グランプリ2022で優勝して、毒舌を求められ続ける...
ウエストランド井口、M-1優勝の毒舌ネタに賛否があることでファンにメッセージ「僕らのことを悪く言うような書き込みを見て、気に病む必要はない」
2022年12月19日配信のYouTubeチャンネル『ウエストランド井口チャンネル』の動画にて、お笑いコンビ・ウエストランドの井口浩之が、M-1グランプリ2022優勝の毒舌ネタに賛否があることでファンにメッセージを送っていた。 井口浩...
タイトルとURLをコピーしました