明石家さんまやダウンタウンらから、信頼を勝ち取るための菅賢治Pの仕事術「基本、演者さんにウソをつかないっていうだけなんですよ、僕」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年11月29日配信開始のYouTubeチャンネル『古舘伊知郎チャンネル』の動画にて、テレビプロデューサー・菅賢治が出演し、明石家さんまやダウンタウンらから信頼を勝ち取るための仕事術について語っていた。

古舘伊知郎:やっぱり菅ちゃんなんかで、僕思うと、『おしゃれカンケイ』で僕がやらせてもらった付き合いだけじゃなくて、凄いやっぱりお笑いの大物を凄い押さえてるじゃないですか。

菅賢治:いえいえ。

古舘伊知郎:さんまちゃんとは、めっちゃ長いじゃないですか。

菅賢治:はい。

古舘伊知郎:『から騒ぎ』もそうだけど、『さんま御殿』もずっとやられてたし。

菅賢治:はい。

古舘伊知郎:それから、ダウンタウンはもう『ガキ使』も含めて、それから『笑ってはいけない』も含めて、全部ガースーってね、トラックが通り過ぎるみたいなことで。

菅賢治:ふふ(笑)はい。

古舘伊知郎:ああやって、凄い人をこう…いやらしい言い方だけど、押さえていくっていうのは、並大抵のことじゃないですよね。

菅賢治:うん。

古舘伊知郎:一人にだけ、敬重するのなら分かる。菅ちゃんは、そういうところでいちいち計算してないの?

菅賢治:してないですね。

古舘伊知郎:やっぱり、人間同士で付き合うとああいうふうになるのかな?

菅賢治:うーん。基本、演者さんにウソをつかないっていうだけなんですよ、僕。

古舘伊知郎:ああ。

菅賢治:絶対、ウソはついたことないです。自分が困るんだったら、「困る」って言うし。

古舘伊知郎:うん。

菅賢治:で、「この番組がもしやれなかったら、僕も含めて制作会社の人間が困るんだ」っていう。

古舘伊知郎:うん。

菅賢治:「だからやってくれ」っていう。

古舘伊知郎:うん。

菅賢治:まぁ、こっちの押し付けですけど。

古舘伊知郎:うん。

菅賢治:だけど、プロデューサーの中には、「いやいや、今はこれをやった方がトレンドで、云々…」って丸め込もうとする人もいるじゃないですか。

古舘伊知郎:うん。

菅賢治:そんなの無理ですよ。

古舘伊知郎:うん。

菅賢治:僕らよりかはるかに先行してる人たちを、そういう言葉で丸め込もうっていうのは、100%無理なんで。

古舘伊知郎:うん。

菅賢治:もう体当たりでいくしかない。

古舘伊知郎:うん、それは本当に信頼するんだよ。俺なんかでもそうだった。『おしゃれカンケイ』とかその他の特番やらせてもらった時にね、爆笑の二人ともね、やらせてもらったけど。

菅賢治:ああ、はいはい。

古舘伊知郎:特番とレギュラーか、やらせてもらったけど。

菅賢治:はい、はい。

古舘伊知郎:菅ちゃんのいいところはそこで。本人を前にして言うのも、言ってる方もちょっと恥ずかしいんだけど。

菅賢治:ふふ(笑)

古舘伊知郎:本当に、「正直言いますから」っていうの、必ずあったじゃないですか。

菅賢治:ああ、はいはい。

古舘伊知郎:で、「この番組はこうだから、正直言いますね」って。そこで本当に変なテクニックを弄されると、「分かってるよ。表向き綺麗事言ってんの」って、絶対になるじゃないですか。

菅賢治:はい、はい。

古舘伊知郎:だから、そこを先回りして、「全部正直に言っちゃいます」って言われると、何の抵抗もできなかった。

菅賢治:ああ。

古舘伊知郎:あれ、結構、嘘つく人多いじゃん、テレビ界。

菅賢治:多いですね(笑)

古舘伊知郎:「なんでそんな見え見えな綺麗事を言うの?」って。

菅賢治:はい。

古舘伊知郎:「こっちも、そこまでバカじゃないから」ってありますよね。

菅賢治:僕はだから部下の時に、「いや、そんなことが通用するわけないじゃん、この人に」っていう。

古舘伊知郎:ああ。

菅賢治:っていうのを、散々見ましたから。

古舘伊知郎:ああ。

菅賢治:「正直言ってた方が楽だよな」と思って。

オードリー若林、『太田上田』への逆オファーを断られた大沢あかねが自ら菅Pへ直談判したことに驚き「自分の営業で決まって(笑)」
2022年8月3日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、『太田上田』への逆オファーを断られた大沢あかねが自ら菅賢治プロデューサーへ直談判したと語っていたことに驚いていた。 ...
放送作家・高須光聖、『ガキの使い』でスタッフが多く出演するのは「予算がなく、共演者のタレントを呼べなかった時の名残り」だと明かす
2019年11月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、放送作家・高須光聖がゲスト出演し、日本テレビ系の番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!...
タイトルとURLをコピーしました