キングコング梶原、『はねトび』終了後の数年の間で芸能界を引退しようと思ったと告白「西野にこれ以上迷惑かけられへん」

2019年10月9日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が、『はねるのトびら』終了後の数年の間で、芸能界を引退しようと思ったと告白していた。

梶原雄太:『はねトび』終わってからの数年間っていうのは、キツかったですね。

佐久間宣行:ああ。

西野亮廣:「辞めようと思ってた」って言ってたもんね?

梶原雄太:もう辞めようと思ってました、僕。

佐久間宣行:え?そうなの?

梶原雄太:はい、この世界辞めようと思ってたんですよ。

佐久間宣行:『はねトび』終わってからの数年間で?

梶原雄太:要は、『はねトび』終わって数年した時に、西野がどんどん、どんどん色んな道を開拓してったじゃないですか。

佐久間宣行:うん。

梶原雄太:それを僕は横で見てて、「うわぁ、エエなぁ、羨ましいなぁ。俺もなんかやらなアカンな」って、言うてもう探すわけじゃないですか。

佐久間宣行:うん。

梶原雄太:一時期、たとえばプロゴルファー目指してたりとか。

佐久間宣行:ああ、そうか、そうか。

梶原雄太:芸人で誰もやってないな、とか。そんなん目指したりとかやってたんですけど、どんどん、どんどん西野の背中が遠くなっていくんですよ。

佐久間宣行:うん、うん。

梶原雄太:それでね、西野がまたエエ奴なんで、僕にも家族がいるわけで、仕事をね、やらんでもエエ仕事をやってたりするんですよ、西野が。

佐久間宣行:ああ、キングコングで。

梶原雄太:はい。で、言わないんですよ、西野は僕に、「これやりたないのになぁ」とか。何も言わずに、例えば何だろう地方の営業だったりとか。

佐久間宣行:なるほど。

西野亮廣:それも西野はやるわけですよ。

佐久間宣行:うん。

梶原雄太:それ、段々辛くなってきて、僕が。

佐久間宣行:ああ、自分が足を引っ張ってんじゃねぇか、と。

梶原雄太:それですわ。佐久間さん、上手いこと言いますわ。

佐久間宣行:普通のこと(笑)

西野亮廣:会話じゃないわ(笑)

佐久間宣行:ふふ(笑)

梶原雄太:なんやったら言うてくれたらよかったのに、言わないんですよ。

佐久間宣行:うん。

梶原雄太:「お前、こんなことやれや」とか。

佐久間宣行:うん。

梶原雄太:「俺、ホンマはこんなのやるのイヤやねん」っていう、そういうことを言わなかったんで、余計辛かったです。

佐久間宣行:「お前が頑張れ」も言わないしね。

梶原雄太:何も言わないんですよ。そういう時に、「あ、やめよう」って思った時がありました。

佐久間宣行:へぇ。

梶原雄太:「もうこれ以上迷惑かけられへんわ」って。西野の時間を使ってもうてる、と。

佐久間宣行:なるほど。

梶原雄太:24時間、ずーっとなんか仕事してる人なんで。

佐久間宣行:うん。

梶原雄太:それやのに、地方の営業で飛行機乗って、北海道まで行ってだったり。遠いところまで行ってっていう、時間を奪ってもうてるやんっていうのがあって。

佐久間宣行:へぇ。

梶原雄太:嫁にまで実は言ってるんですよね。

佐久間宣行:奥さんなんて言ったの?

梶原雄太:「何があっても、私はあなたについていくけども、一言だけいい?私はもったいないと思う」って言ってくれたんですよ。

佐久間宣行:へぇ。

梶原雄太:そこでもし、「分かった」ってだけで終わってたら、次に僕は最後に西野に伝えて辞めようと思ってましたね。これは完全に思ってました。

岡村隆史、島田紳助に芸能界を引退するよう勧められたと明かす「いつまでもこんな仕事してたらアカン。やめろ、やめろ」

明石家さんま、島田紳助の引退会見翌日に大崎会長・岡本社長と紳助復帰の打ち合わせを行いその場で「岡本社長に不運が降り掛かった」と明かす

爆笑問題・太田、引退した島田紳助が吉本興業のお家騒動で介入してきたことに「関係ねぇじゃねえか」と発言



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事