明石家さんま、田中将大投手とのニューヨークでの食事会に小出恵介やピース綾部が参加したと明かす「綾部は綾部で、物凄く頑張ってる」

2019年9月28日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、田中将大投手とのニューヨークでの食事会に、小出恵介やピース綾部が参加したと明かしていた。

明石家さんま:マー君らとご飯食べに行く時に、そこには綾部はいる、小出(恵介)はいる。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:もう、あっという間にニューヨークも。綾部は綾部で、物凄く頑張ってるんですよ。

村上ショージ:喋れるんですか?

明石家さんま:まだやけど、自分が率先して子供たちとかと喋りに行っとる。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:で、ずーっと会話しとるから、それなりに覚えてきたんだろうっていう。まだまだ時間かかるらしいけど。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:小出君なんかも、元々、英語…アメリカにいたから。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:ある程度、英語できんねんけど、学校行ったりして、まだまだや言うてた。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:小出でそこまでかかるから、綾部はもっと…

飯窪春菜:たしかに。

明石家さんま:向こうの舞台に立ったりするには。

村上ショージ:喋れる頃、50、60になっとるんちゃいますか(笑)

明石家さんま:俺は、手応えとしてそう思う。

村上ショージ:ふふ(笑)

明石家さんま:だから、日本人の下手な英語の役がきて、そういう設定ならいけるけど、映画に出たりするのは、やっぱり10何年住まないと。

村上ショージ:そうでしょうね。

明石家さんま:あとはもう訛りがあるからね、いろんな。米語と英語があるように、アメリカでもいろいろあったりして。もうこの辺は、かなり英語で…っていうのは難しいから。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:だからいつも狙ってるのは、片言の英語の日本人の役とか、そういう仕事ね。日本からも仕事をいただいているみたいで、綾部の場合は。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:旅行会社みたいなところから仕事をいただいて、アメリカの街を紹介するっていう。「ギャラは安いですけども」とか。



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事