おぎやはぎ小木、若手時代に「芸人として認められた」と思って感動した瞬間について語る「それが初めての感動というか」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年3月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの小木博明が、若手時代に「芸人として認められた」と思って感動した瞬間について語っていた。

小木博明:芸人になって最初、チケットぴあで…俺ら、ライブのチケットとか色んなチケットとか情報を得るのって、雑誌だったじゃん。

矢作兼:うん。

小木博明:色んな舞台、映画とかあったじゃん。

矢作兼:エンタメは全部あれ。

小木博明:そう。で、お笑いライブもあれで見れたんだよね。

矢作兼:うん、見れた。

小木博明:で、あそこに出演者「おぎやはぎ」って、それが初めての感動というか。

矢作兼:ああ、覚えてる、覚えてる。

小木博明:それを急に思い出したんだよ。

矢作兼:名前載ったら、芸人として認められた感じするもんな。

小木博明:あるライブの…

矢作兼:多分、バカ爆走なんだけどな。

小木博明:そう。一組か二組ぐらいしか出てないんだよ、名前って。

矢作兼:ああ。

小木博明:その中に「おぎやはぎ」って。それがもう、テレビ出るとか、ラジオ出るとか、その前の。

矢作兼:うん。

小木博明:出た時よりも俺、感動あった気がするんだよ。

矢作兼:言われてみたらそうだ。

小木博明:そうでしょ。チケットぴあでさ、色んなね。今はもうそういうのなくなっちゃって…なくなってはないのかもしれないけどさ。

矢作兼:だから、テレビ欄に名前が出る、みたいなことだよね?だからね。

小木博明:そう、そう。あの喜びを急に思い出して。

おぎやはぎ矢作、アンジャッシュ渡部が舞台裏で出す「ワル渡部」が芸人としての真骨頂で面白いのに「ワルの部分を絶対見せたくない人なの」と明かす
2022年2月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの矢作兼が、アンジャッシュ・渡部建が舞台裏で出す「ワル渡部」が芸人としての真骨頂で面白いのに、「ワルの部分を絶...
おぎやはぎ矢作、芸人で初めて漫才を褒めてくれたのは「ホンジャマカ恵俊彰」だったと明かす「ああいうスタイルで続けた方がいいよ。本当に面白かった」
2021年12月7日放送の中京テレビの番組『太田上田』にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、芸人で初めて漫才を褒めてくれたのは「ホンジャマカ恵俊彰」だったと明かしていた。 矢作兼:恵さん、俺たちは本当に嫌いじゃなくて。 小木...
タイトルとURLをコピーしました