おぎやはぎ矢作、芸人で初めて漫才を褒めてくれたのは「ホンジャマカ恵俊彰」だったと明かす「ああいうスタイルで続けた方がいいよ。本当に面白かった」

2021年12月7日放送の中京テレビの番組『太田上田』にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、芸人で初めて漫才を褒めてくれたのは「ホンジャマカ恵俊彰」だったと明かしていた。

矢作兼:恵さん、俺たちは本当に嫌いじゃなくて。

小木博明:そう。

矢作兼:凄い良い思い出があるんですよ。

太田光:恵と?

矢作兼:そうですよ。本当に若手の頃に、初めて出たぐらいの、いわゆるナベプロ主催の。

小木博明:初めてよ。

矢作兼:まだ全然事務所とか決まってないときに、行ってたの。

太田光:うん。

矢作兼:新人コーナーみたいなところ、初めて出たぐらいだよな。

小木博明:うん、うん。

矢作兼:20組ぐらいいて、MCが恵さんで。

小木博明:うん。

矢作兼:で、終わって、ロビーのたまりみたいなところで。で、俺たちのところにパッと来て、「面白かった」って。「ああいうスタイルで続けた方がいいよ。本当に面白かった」って。

上田晋也:ほう。

矢作兼:俺ら初めて有名な人に褒められた、一号。

上田晋也:それは嬉しいよね、ありがたいね。

矢作兼:嬉しいよ。

太田光:アイツに言われて嬉しいか?

矢作兼:はっはっはっ(笑)

小木博明:嬉しいですよ。

太田光:何も面白くない。

小木博明:いや、あの時、エアホッケー凄かった。

上田晋也:お前が一番バカにしてんじゃねぇか(笑)



太田上田

本日の人気記事