ノンスタ石田、ハライチのM-1グランプリ2021決勝ネタは「ボケがワンパターンしかなかった」ことが敗因であると指摘「発狂することがゴール、みたいな」

2021年12月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、ハライチのM-1グランプリ2021決勝ネタは「ボケがワンパターンしかなかった」ことが敗因であると指摘していた。

岡村隆史:敗者復活のハライチですよ。

石田明:ハライチね。いやこれね、敗者復活のネタがホンマに面白かったんですよ。

岡村隆史:うん、うん。

石田明:なので、僕はあれでいくんかなぁと思ったら、どうやらその岩井君がやりたかったという、あのネタになったと。

岡村隆史:うん。

石田明:ということなんですけど。

矢部浩之:うん、うん。

石田明:いや、いい作戦やと思うんですよ。

岡村隆史:作戦としては?

石田明:はい、そうなんですよ。今まで見せてなかった、言うとハライチの人生、ハライチの芸人人生をフリにしたボケということで。

矢部浩之:そうやなぁ。

石田明:知ってれば、知ってるほど面白いということで。

岡村隆史:うん、うん。

石田明:あれは作戦で勝ったんですよね。

岡村隆史:うん。

石田明:作戦としては勝ったんですけど、やはりその後、岩井が発狂するみたいなボケが、ワンパターンしかなかったじゃないですか。

岡村隆史:ああ、そうね。

石田明:発狂することがゴール、みたいなことで。

矢部浩之:地団駄を踏むみたいな。

石田明:はい。あれがもっと違うパターンを見せてもらえたら、多分、もっとあったのかなぁと思うんですけど。

岡村隆史:ハライチは、「本当に面白いネタあるんで、出たいんです」って言うてたし。で、やりたいネタもあるって言うてたんがあれやねんけど。

石田明:はい。

岡村隆史:あれは多分、岩井がどうしてもやりたいネタ、自分が考えて「これやりたいねや」っていうことやんな。

石田明:そうですね。

岡村隆史:押し切った形やな、多分な。



ナイナイのANN

本日の人気記事