ノンスタ石田、ランジャタイはM-1グランプリ2021決勝で「M-1に合わせてきた」漫才をしていたと指摘「実は組み立てもめちゃくちゃしっかりしてました」

2021年12月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、ランジャタイはM-1グランプリ2021決勝で「M-1に合わせてきた」漫才をしていたと指摘していた。

石田明:今回、ランジャタイは、凄いM-1に合わせてきたというか。

岡村隆史:うん、うん。

石田明:だから、凄い賛否両論あるコンビやと思うんですけど、めちゃくちゃM-1に向き合ったなぁって思って。

岡村隆史:ホンマはもっとぶっ壊すというか。

石田明:はい。

岡村隆史:もっと壊れてる感じなんや?

石田明:そうですね。実は組み立てもめちゃくちゃしっかりしてましたし。

矢部浩之:ああ、合わせにきたんや?

石田明:合わせにきてましたね。

岡村隆史:ランジャタイというスタイルは崩さずに、M-1に向き合った、と。

石田明:はい。そしてなにより、この表現力の高さ、あの一瞬一瞬で、あんなわかりにくい設定なのに。

岡村隆史:うん。

石田明:そんな細かくジェスチャーしないんですよ。あんなワンポイント、ワンポイントで何が起きてるか分かったじゃないですか。

岡村隆史:分かった。

石田明:あれは本当に化け物ですよね。

岡村隆史:表現力?

石田明:あれは凄いです。あんなスピードで、あんなに展開できないですよ。

岡村隆史:あんなな、動かしてるとか、エレベーター入って、喉の下通ってってるとか。

石田明:はい、そうですよ。あれを説明できるジェスチャーなんかないわけですよ。

岡村隆史:半分、尻尾が耳から出ている。

石田明:はい。

岡村隆史:それ引っ張られてる猫までやってたからね。

石田明:そうなんです。で、後半、もう一匹猫が出てくるみたいな、最近のM-1をちゃんと使ってるんですよ(笑)

岡村隆史:なるほど。

石田明:はい。あとから出てくるやつもやってるじゃないですか。だから、結構全部やってるんですよ、ランジャタイ。

岡村隆史:うん。ここでほぼほぼ色んなパターン、色んな漫才の形のやつを、全部ミックスしてもうたんや。

石田明:そうなんです。で、味強めじゃないですか。覚えてなくても、なんか印象に残ってるんですよ。

岡村隆史:はい、はい。

石田明:だから、他が物足りなくなって。

矢部浩之:だから、審査員の言葉も強めやったんや(笑)

石田明:ふふ(笑)たしかに。で、これまた言いやすいじゃないですか、ランジャタイは。

矢部浩之:ああ。

岡村隆史:前回のマヂカルラブリーの「おしっこかかってるの見えた」みたいな、そんなんと一緒やね。

石田明:それと一緒ですね。

岡村隆史:猫見えてるってさ、そこの表現も粗くないねんな。

石田明:はい、実はちゃんとやってるんですよね。



ナイナイのANN

本日の人気記事