おぎやはぎ矢作、錦鯉がM-1グランプリ2021で優勝したことについて「競技漫才」が有利な中で「人間味が勝った」と指摘

2021年12月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの矢作兼が、錦鯉がM-1グランプリ2021で優勝したことについて「競技漫才」が有利な中で「人間味が勝った」と指摘していた。

矢作兼:俺が聞いた時、この間仕事した時にさ、やっぱ見た人、子供とか…小さい子ね、錦鯉、大爆笑するらしい。

小木博明:ドリフ的な感じのね(笑)

矢作兼:一番笑っちゃうんだって。

小木博明:まぁ、でも錦鯉はたしかに、どの世代にもウケるし、凄いとは思うよ、もちろん。

矢作兼:特に俺たちの年になると、もうちょうどいいんだよな、速さが。もう速いんだよ、若い人の漫才は。

小木博明:競技漫才になっちゃっててさ。

矢作兼:なっちゃったからね。

小木博明:そこからなんかね。よくあれで優勝したなぁって思うけどね。

矢作兼:うん。これでだから何か時代が変わったんじゃない?

小木博明:何か変わったのかもしれないね。

矢作兼:本当は優勝できないよ、「凄いよくできました」ってネタじゃないと。

小木博明:そう、そう。

矢作兼:だから、人間味が勝ったっていう感じの大会だったんじゃないですか。

小木博明:うん。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事