山里亮太、くりぃむしちゅー上田が『くりぃむナンタラ』の収録現場に現れた姿に驚き「X-MENのボスみたいだった(笑)」

2021年12月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、くりぃむしちゅー・上田晋也が『くりぃむナンタラ』の収録現場に現れた姿に驚いたと語っていた。

山里亮太:(『くりぃむナンタラ』収録が)始まる前に、俺と春日ともぐらで、このコロナ禍では珍しいぐらい、もうみんなマスクしてるから。結構肩寄せ合って、「どうなるんだろうなぁ…」って言って、ビクビクしてるところにさ、上田さんがスーッて来るんだけど。

上田さんが今、足怪我されてんだよね。で、車椅子じゃなくて、コロコロがついた椅子があんじゃん。あれに乗って、マネージャーさんがスーッて押してくんのよ。

「おはようございます」「あ、おはよう。よろしくね」って、スーッてスタジオに椅子で入ってく姿。なんかね、X-MENのボスみたいだった(笑)

X-MENのボスみたいな人が、スーッと入ってって(笑)ただならぬ緊張感の中。で、「緊張するなぁ」って言って、上田さんと「何があるか分かんないもんな」って、上田さんと喋ってて。

で、一番緊張するのが、「これ、M-1直後に放送します」っていうのを、そこで知ったのよ。「マジか」って。M-1の直後の放送で、審査員のコンテストグランプリ、すげぇことやるなって思って。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事