神田伯山、立川志らくが「談志師匠がどんなにダメになっても、最後まで談志師匠の高座をずっと袖で聞いてた」ことに感服「談志師匠を見届けたんだよね」

2021年12月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、立川志らくが「談志師匠がどんなにダメになっても、最後まで談志師匠の高座をずっと袖で聞いてた」ことに感服すると語っていた。

神田伯山:映画『浅草キッド』だと、ドロドロしたところがなかったことのようになってる。それが技術であり、上手いし、エンターテイメントなんだけど、なんかモヤモヤすんなぁっていう。

志らく師匠とかさ、色んなことを言わせていただいてるけどさ。志らく師匠って凄い格好いいなぁと思うところが、談志師匠がどんなに高座がダメになっても、最後まで談志師匠の高座をずっと袖で聞いてて。

談志師匠を見届けたんだよね。俺、その一点だけにおいても、志らく師匠っていうのは俺は美しいと思うし、あの人はちゃんとした人だなって、俺は思うのね。

そういうところが結構…色んなことを思うところがあるぞっていうのは、ありましたけど、『浅草キッド』はとにかく素晴らしい映画です(笑)



問わず語りの神田伯山

本日の人気記事