神田伯山、映画『浅草キッド』は「師弟のドロドロした関係」をあえて描いていないことで「不快感なく見ることができる」と指摘

2021年12月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、映画『浅草キッド』は「師弟のドロドロした関係」をあえて描いていないことで「不快感なく見ることができる」と指摘していた。

神田伯山:もうちょっとドロドロしてると、この映画っていうのは崩壊しちゃうから、絶妙なバランス。だから、大泉洋さんっていう人が、まぁ要するに深見千三郎でちょっと落ちぶれていくんだけど。

でも、大泉さんがとっても魅力があるから。それも嫌な風に描かれない、ギリギリのところで止まってたりとか。だから、本当に不快感なく「この映画、見て良かったな」っていう。もう完璧、120点みたいな。

と同時に、俺はもっとドロドロしている落語界の師弟をいっぱい見てるから。三代目の三木助師匠とか、数十年前ですけど、都家歌六っているんですよ。そのお弟子さんと相性が悪かったんだよね。

どのぐらい相性が悪かったかって言うとですね、弟子をですね、犬小屋に住ませるっていう。何ハラなんだっていう。歌六師匠、首出してんだから、犬小屋から。「師匠、帰ってこないなぁ」って。

そういうのが世間で描かれないよね。そこなんですよ、僕は。でも、そんなドロドロしてるの描いても、面白くないじゃない。ただの告発じゃないですか。



問わず語りの神田伯山

本日の人気記事