バナナマン設楽、『消えた天才』と『クレイジージャーニー』のヤラセ問題は視聴者の「信頼を損なう」不正だと謝罪「見てる人に対して申し訳ない」

2019年9月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00 – 27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、『消えた天才』と『クレイジージャーニー』のヤラセ問題は視聴者の「信頼を損なう」不正だと謝罪していた。

設楽統:今週…先週からか。

日村勇紀:そうですね。

設楽統:我々のレギュラーのね、TBSでやってます、『消えた天才』と『クレイジージャーニー』でね。

日村勇紀:はい。

設楽統:ちょっと番組の不正がありまして。

日村勇紀:うん。

設楽統:ちょっと、立て続けに…俺なんかは両方出てますから。

日村勇紀:うん。

設楽統:立て続けに、ちょっとビックリしたのとショックと。ただまぁ、これはやっぱりアレだよね。なんか一番は、見てる人に対してだよね。

日村勇紀:うん、本当そうだよね。申し訳ございませんだよね。

設楽統:そうなのよ。やっぱさ、信頼関係というかさ、ある種…ウソだと思って俺らもやってないわけ。

日村勇紀:うん。

設楽統:だけど、それがウソだってなっちゃうと、見てる人もさ、「これ、ウソか」っていう。他のも「なんだこれ、もしかしたらやってんじゃないの?」とかね。

日村勇紀:うん。

設楽統:そういう感じで、信頼関係を失われちゃうとさ。

日村勇紀:うん。

設楽統:ちょっとね。

日村勇紀:取材してもらった方とかにも、本当に申し訳ないですよね。

設楽統:だからその…『消えた天才』なんかで言うと、アスリートの人とか、元アスリートの人とか。

日村勇紀:うん。

設楽統:色々出てくれた人とか、話し聞いたりした人とかに対してもそうだし。

日村勇紀:うん。

設楽統:やっぱでも、『クレイジージャーニー』なんかでも、もちろん他のクレイジージャーニーの人たちとかさ、いろんな協力してくれてる人もそうだけど。

日村勇紀:うん。

設楽統:とにかく、見てくれてる人が「これ面白いな」とかさ、感動したりとか、知らないことが分かったりとかね。

日村勇紀:うん。

設楽統:そういう部分でちょっとウソがあったら、もうね、これはちょっと他のやつ見ても「ウソじゃないの?」って思われちゃうと。

日村勇紀:なっちゃうよね。

設楽統:本当にそこはだから、見てる人に対して申し訳ないなぁと思う。



バナナマンのバナナムーンGOLD

本日の人気記事

本日の人気記事