ケンドーコバヤシ、バンジージャンプに泣くほど恐怖を抱くようになった「幼少期のトラウマ体験」を告白「ダムから落ちて…」

2021年11月23日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、バンジージャンプに泣くほど恐怖を抱くようになった「幼少期のトラウマ体験」を告白していた。

ケンドーコバヤシ:俺もバンジージャンプダメなんですよね。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:俺、一回だけ飛ばされたことあるんですけど。

千原ジュニア:ああ、そう?

ケンドーコバヤシ:もう、その時は泣きながら。

千原ジュニア:うん。あれ、いつからアカンようになるんやろ?徐々に徐々にアカンようになってくのかね?小さい時、俺、高いところから飛んでたと思うねんけどなぁ。

ケンドーコバヤシ:僕はハッキリと、「これを機にダメになった」っていうのがあって。

千原ジュニア:コバはホンマにアカンねんもんな。

ケンドーコバヤシ:ホンマにダメなんですよ。

千原ジュニア:俺なんか比になれへんもんな。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:そうやったわ。あれ、何なん?何かあったん?

ケンドーコバヤシ:僕は子供の時に、ダムから落ちたんですよ。

千原ジュニア:それはもう完全にトラウマや。

ケンドーコバヤシ:はい。あれ、5年に一回ぐらい夢に見るっていう。

千原ジュニア:へぇ。

ケンドーコバヤシ:落ちて、水が迫ってくるの。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:水は大丈夫なんですけど。ちょっとありますね。

千原ジュニア:へぇ。

ケンドーコバヤシ:でも、色々自分で試すじゃないですか、どこまでアカンのやろって。

千原ジュニア:ほう。

ケンドーコバヤシ:で、結果、キャニオニングみたいなんを挑戦した時に分かって。

千原ジュニア:へぇ。

ケンドーコバヤシ:崖で飛び降りるのはいけるんですよ。

千原ジュニア:え?

ケンドーコバヤシ:橋から飛び降りるのはダメで。人工物の…

千原ジュニア:ホンマにダムのトラウマや(笑)

ケンドーコバヤシ:はい。崖の上の木の枝から飛び込むのはできたんですけど。

千原ジュニア:へぇ!

ケンドーコバヤシ:橋とか…

千原ジュニア:人の手が加わってる?

ケンドーコバヤシ:板の台とかでは、もう震えてダメなんです。人工物がダメ、信じられなくなってるんでしょうね。

千原ジュニア:へぇ、不思議やなぁ。

ケンドーコバヤシ:バンジージャンプは無理なんですけど、木のつるやったら多分、いけると思います(笑)

千原ジュニア:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:部族の成人式は大丈夫やと思います(笑)



にけつッ!!

本日の人気記事