オードリー若林、M-1グランプリでブレイクして一番多忙で「毎日泣きそうだった」時期にタカトシ・トシに相談して「凄い感謝した」と告白

2021年11月17日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、M-1グランプリでブレイクして一番多忙で「毎日泣きそうだった」時期にタカトシ・トシに相談して「凄い感謝した」と告白していた。

若林正恭:『コレってアリですか?』で。

トシ:ああ、やったね。

若林正恭:で、その時、『黄金伝説』もレギュラーで。

タカ:そうだね、一緒に。

若林正恭:で、その時、M-1の後で一番忙しいのを味わってて。

トシ:あ、そうか。

若林正恭:で、コントを撮ってたんですよ、公園でトシさんと。

トシ:ああ。

若林正恭:で、ロケバスで待ってたんです。

トシ:はい、はい。

若林正恭:忙しくて、僕も毎日泣きそうだったんですよね。

トシ:うん。

若林正恭:トシさんにちょっと勇気を出して相談しようと思って。

トシ:うん。

若林正恭:「トシさん、ちょっと忙し過ぎて訳分かんなくなってて」って。

トシ:うん。

若林正恭:「『黄金』のVを見てる最中に、指先が痺れてくるんですけど、どうしたらいいですかね?」「病院行って休め」って言われて(笑)

タカ:はっはっはっ(笑)

トシ:まっとうな意見(笑)

若林正恭:それでトシさんが「めちゃくちゃ忙しくて、人と喋れなくて」って話を聞かせていただいたんですよ。

トシ:ああ、その時にね。

若林正恭:だから、凄い感謝してるんですよ、その話で。

トシ:そうか、そうか。オードリーも忙しかったもんね、あの時は。

若林正恭:あの時はそうでしたね。



あちこちオードリー

本日の人気記事