古坂大魔王、伊集院光のイメージは「ずっとラジオでやってる。しかも、ずっと一番でいる」というものであると語る「ラジオの帝王って言葉、本人は凄い嫌がってますけど」

2021年9月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・古坂大魔王が、伊集院光のイメージは「ずっとラジオでやってる。しかも、ずっと一番でいる」というものであると語っていた。

古坂大魔王:伊集院さんなんて…本人が嫌がってますけど、「ラジオの帝王」っていう言葉、本人が凄い嫌がってて。

竹内香苗:うん。

古坂大魔王:でも、僕が中学の時に『Oh!デカナイト』があって。そこから、オールナイトニッポンも行きの、TBSもあって。

竹内香苗:うん。

古坂大魔王:伊集院さんは、ずっとラジオでやってるってイメージで。

竹内香苗:うん。

古坂大魔王:しかも、ずっと一番でいるっていうんですか。

竹内香苗:うん。

古坂大魔王:そこの後に、代役で上手いことやりましょう、みたいな。

竹内香苗:ふふ(笑)

古坂大魔王:っていうふうに思いながら来たんですけど、やめました。

竹内香苗:ああ。

古坂大魔王:もう、叩かれます(笑)

竹内香苗:え?そんな(笑)

古坂大魔王:自分の思うがまま。だって、そんな朝なんてやったことないですから。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事