伊集院光、「子供が一つのことだけに興味を持って、他に興味を持たない」ことを心配する親にアドバイス「そこから広がって覚えることもある」

2020年1月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「子供が一つのことだけに興味を持って、他に興味を持たない」ことを心配する親にアドバイスしていた。

伊集院光:僕ね、一つ持論があって。子を持つ親御さんが、子供が一つのことだけ興味持って、他に興味を持たない時に、ちょっと心配になるって。

今尾恵介:ああ。

伊集院光:あると思うんですけど、それは人によると思うんだよね。地図好きになると、見に行きたくなるから、電車の乗り方を覚えたりとか。

今尾恵介:ええ、ええ。

伊集院光:もっと言うと、そこから広がって何かを覚えたりとか。

安田美香:うん。

伊集院光:さっきおっしゃったように、踏切好きはいなくとも、電車好きはいるんだから、そこと多少の縁はできていったり。そのことを知りたいから、人に訊く技術が上がってくみたいなことだって。

安田美香:そうですね、会話力が。

伊集院光:全部が全部じゃなくて、閉じこもっちゃう人もいて、それが親が心配なのは分かるけども、こうやってある意味、職業にまでなったりするんですもんね。

今尾恵介:まぁ、例外的かもしれませんけども(笑)

伊集院光:でも…さらにこれからの世界、好きなものがあって、突き詰めたいっていう人が、わりと必要とされるような気がして。

今尾恵介:そうですね。みんな同じ方向を向いてたらね、共同体としては異質な人がいないと。

伊集院光:はい。

今尾恵介:全部一緒では、滅んでしまうみたいなことになりかねないので。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事