香川照之、『半沢直樹』最終回の土下座シーン撮影では「大和田常務のモデルとしている人は絶対に土下座しない。だからしたくない」と演出家・福澤克雄に掛け合ったと告白

2020年4月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、俳優・香川照之が、TBS系のドラマ『半沢直樹』最終回の土下座シーン撮影では、「大和田常務のモデルとしている人は絶対に土下座しない。だからしたくない」と演出家・福澤克雄に掛け合ったと告白していた。

香川照之:大和田常務は、モデルとしている人がいたんですよ、それは土下座というものに関して。

伊集院光:はい。

香川照之:土下座っていうアイテムに関して。

伊集院光:え?(笑)あの土下座は、誇張はするものの、オリジナルがいるわけですか?

香川照之:何も、土下座した人を見て、あの人の通りやろうというわけではないんですけど。

伊集院光:なるほど、なるほど。

香川照之:僕が見てきた人は、凄くいい人なんですけど、裏が真っ黒で、物凄い手をつかったり、色んなことをしてるわけですよ。

伊集院光:はい。

香川照之:「大和田さんって、ああいう人なんだろうなぁ」って思いながら。

伊集院光:はい。

香川照之:Aさんとしましょう。Aさんが、自分の部下に、ぐうの音も出ないほど論破されて、ああいう状況になったとしましょう、と。

伊集院光:はい。

香川照之:その前に、「土下座してやるよ」って約束していたとしましょう。

伊集院光:うん、うん。

香川照之:Bさんという部下に。Aさんが、Bさんの前で土下座するって言ったのに、「土下座してくださると言いましたよね?」と言ったとします。でも、そのAさん、絶対に土下座しないんですよ。

伊集院光:はい。

香川照之:僕の中では、土下座するってあんだけ言ったのに、しない。絶対、どんな手を使ってもしない。

伊集院光:うん。

香川照之:それで、『半沢直樹』演出家の福澤克雄ディレクターに。

伊集院光:はい。

香川照之:ジャイさんってあだ名でTBS内では呼ばれてますけど。

伊集院光:はい。

香川照之:「ジャイさん、僕の知ってるモデルの人は、絶対にしない。だから僕、絶対土下座したくないんです」と。

伊集院光:うん。

香川照之:「僕、そのつもりで、この大和田常務っていうのは一本道の役でできてるんで、多分、土下座しないと思うんですけど、どうですか?ジャイさん」って言って、ジャイさんはしばらく目をつぶって考えて、「…してください」って言うわけですよ。

伊集院光:うん。

香川照之:その一言で、「分かりました。じゃあ、土下座しましょう。ただ、どんだけ時間かかるか分かりませんよ」と。その人、すげぇ時間かかる、したくないから。

伊集院光:うん。

香川照之:ただ、テレビには編集があるんで、「編集してください。ただ、僕は現場で物凄い時間かかると思いますけど、いいですか?」「それでいいですから、やってください」と。

伊集院光:へぇ。

香川照之:で、いざその撮影の日が…あれは朝4時半から現場段取りだったのかな。現場の都合で早くて。そこから10回ぐらい通しでワンシーン全部やって土下座したんですけど、段々、段々延びてきちゃって。

伊集院光:うん。

香川照之:最後、何分か分からないぐらい。2~3分かかってるんですよ、土下座するって言ってから、崩れ落ちるまで。

伊集院光:はい。

香川照之:それぐらいの土下座だったんですけど、あれは役作りではなくて、「その人だったらそうするだろうな」って、僕の人生の中から出てきてるだけなんで。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事