千原ジュニア、松本人志の目に留まって認められるようになったきっかけを明かす「打ち上げで松本さんがボソッと…」

2021年9月8日配信開始となったYouTubeチャンネル『佐久間宣行のNOBROCK TV』の動画にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、松本人志の目に留まって、認められるようになったきっかけを明かしていた。

佐久間宣行:ジュニアさん、松本さんとかと絡む時って、最初はどういう心持ちだったんですか?

千原ジュニア:最初に仕事したのが、『笑いの時間』ってテレ朝で、松本さんと今田さん3人のやつの一発目、フリートーク「どうする?どうなる?吉本興業」みたいなんで、フリーで10年ぐらいの芸人で、よーいどんでテーマも何もなく喋る、みたいな。

佐久間宣行:え?それに急に呼ばれたんですか?(笑)

千原ジュニア:それに呼ばれました。

佐久間宣行:今田・松本のフリートークしろっていう(笑)

千原ジュニア:はい。

佐久間宣行:しかもテレ朝、ゴールデンで。

千原ジュニア:はい。「関係あるか、ボケ」いう感じでしたね。

佐久間宣行:ふふ(笑)

千原ジュニア:気持ちとしては。

佐久間宣行:気持ちもそうですよね。もうだって、殴り合いみたいなもんですもんね?

千原ジュニア:はい、はい。ほんで、板尾さんも入ってたんですよ。

佐久間宣行:ああ。

千原ジュニア:で、俺は15歳からずっと板尾さんについて歩いてたんで。

佐久間宣行:なるほど。

千原ジュニア:そこで、板尾さんの話をしたんです。

佐久間宣行:ああ、板尾さんのいわゆる、今となっては有名になってるような天然のエピソードとか。

千原ジュニア:はい。ほんで、打ち上げみたいな時に、だいぶ佳境で松本さんがボソッと「いやぁ、板尾のあの話、めちゃめちゃオモロイな、お前」って言ってもらえたんです。

佐久間宣行:へぇ。

千原ジュニア:ほんでそっから、「メシ行こうか」って連絡いただけるようになって、みたいな。

佐久間宣行:へぇ。



佐久間宣行のNOBROCK TV

本日の人気記事