佐久間宣行P、オードリー若林がヘコんでいた時期に「ジョイマンのネタギリッシュNIGHTネタに勇気づけられた一年間でした」と連絡してきたと明かす

2021年7月14日配信開始となったYouTubeチャンネル『佐久間宣行のNOBROCK TV』の動画にて、テレビプロデューサーの佐久間宣行が、オードリー・若林正恭がヘコんでいた時期に、「ジョイマンのネタギリッシュNIGHTネタに勇気づけられた一年間でした」と連絡してきたと明かしていた。

佐久間宣行:オードリーの若林君が、あの頃めちゃくちゃ凹んでて。あんまうまくいかなくて。

劇団ひとり:うん。

佐久間宣行:だったんだけど、あのジョイマンのやつだけを、何回も見て。

劇団ひとり:うん。

佐久間宣行:「ジョイマンに勇気づけられた一年間でした」って、俺にわざわざ連絡してきたんですよ(笑)

劇団ひとり:はっはっはっ(笑)

佐久間宣行:ふふ(笑)

劇団ひとり:うん、たしかにね。

佐久間宣行:うん。

劇団ひとり:振り切ってますからね。

佐久間宣行:うん、そう、そう。

劇団ひとり:うん。僕らはスベることは当然、落ち込むんですよ。

佐久間宣行:うん。

劇団ひとり:スベらないことに越したことはないけど、一番後悔するのは、ちゃんと振り切れなかったこと。

佐久間宣行:なるほど。

劇団ひとり:振り切れずにスベったことが、一番後悔するんですよ。

佐久間宣行:うん。

劇団ひとり:「なんであそこで、これができなかった?なんでこれを躊躇したんだ」っていうのが、一番の後悔。

佐久間宣行:うん。

劇団ひとり:ジョイマンは、いつでも100%出し切るから。

佐久間宣行:ふふ(笑)そうね、あれが全力だからね。

劇団ひとり:それがやっぱり色々、場数を踏んでいると、「ここはこれぐらいでいいかな」って思っちゃう瞬間があるんですよね。

佐久間宣行:うん。

劇団ひとり:それでしかも失敗しちゃうと、「ああ、俺はこんなことをするために…20年前の俺は、今の自分をどう思うだろうか?」って、やっぱ反省がある。



佐久間宣行のNOBROCK TV

本日の人気記事