伊集院光、中田翔のファンでありながらも巨人へのトレードで「謹慎解除・即出場」という展開には疑問「え?もう今日でいいの?」

2021年8月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、中田翔のファンでありながらも巨人へのトレードで「謹慎解除・即出場」という展開には疑問を感じると語っていた。

伊集院光:今どき、揉め事も嫌われるし、今シーズンがとにかく悪すぎたから、自由契約っつって、クビになってタダで拾うみたいな話になんじゃねぇかって。

いやぁ、それはホームラン王、打点王までの選手が、そういう感じまでいっちゃうかな、それもしょうがねぇか…いや、どこもトラブルメーカーはイヤだからっつって、とってくれなかった時には、ヘタしたら日本の球界にいれずに、アメリカの2軍、2Aからやるみたいなことになったとして…

「まぁ、でもその時には応援しよう」ぐらいの感じで。そしたらさ、「出場停止、今日解けました。そしてジャイアンツ行きます、明日から1軍です」って話になって。

「あ、はい…」みたいな。ちょっともうパニクるよね。なんか凄いパニくる、「何それ?」っていう。俺の中では、最悪の事態の…中田翔がやったのは悪いこと。で、その悪いことを償うこともできず、そのままプロ野球からいなくなってくんじゃないか、それはさすがに可哀想だから、なんとかどこかで応援はしていきたいっていうこのバランスを…

だから、さっきの感じ、一番それが最低限のところで、だけど自分はずっと彼が好きだから。ユニフォームももらったぐらいだから、「応援しよう」って思ってたのが、「え?もう今日でいいの?」っていう。

今日で出場停止も解けて、で、ジャイアンツにしかも無償トレードっていう謎の。トレードっていうのは、代わりの選手がいるか、金銭をもらうんだけど、無償トレードってなって。

で、「出ますよ」なんつって。「ホームラン打ちました」みたいになってるこの感じ。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事