伊集院光×古舘伊知郎、プロの喋り手としての年齢による「スピードや瞬発力の衰え」との折り合いのつけ方について語る

2021年8月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光とフリーキャスターの古舘伊知郎が、プロの喋り手としての年齢による「スピードや瞬発力の衰え」との折り合いのつけ方について語っていた。

伊集院光:年齢重ねるでしょ。そうすると、僕で言えば、瞬発力なんか物凄い落ちるんですよ。そこをどう技術みたいなことで、上手に折り合いつけてこうかっていうのが…今、僕、53です。

古舘伊知郎:ねぇ、さっきおっしゃってましたね。

伊集院光:はい。古舘さんは、60…

古舘伊知郎:もうすぐ67になります。

伊集院光:このあたり、どうですか?

古舘伊知郎:やっぱりね、自分の22でアナウンサーになって、23~4歳の時のプロレス実況とかがテレビ朝日のCSチャンネルとかで流れてるのを聞くと、始めの5分なつかしいんですよ。

伊集院光:はい。

古舘伊知郎:「うわ、24の時、こんな喋りまくってきた、今より全然ハイテンポで物凄い喋りしてるけど、人に伝わんねぇな、この早さじゃ」とか。

伊集院光:ああ、逆に?

古舘伊知郎:思ってる内に、10分するとうるさく感じますよ。

伊集院光:うん。

古舘伊知郎:過去の自分に嫉妬してんの。だから今、それぐらい今、衰えてるんですよね。

伊集院光:なるほど。

古舘伊知郎:でも、若い時のエンジンって、ブワーッと回転して、これ見よがしだと、人に伝わらないっていう悪さもあるんですよ。

伊集院光:「どうだ!」じゃないけど、「俺、この発想も喋りもできるぞ」っていう、「どうだ!」感ってありますよね。

古舘伊知郎:そう。「どうだ」感と、スピードが目的化しちゃってるから。

伊集院光:ああ。

古舘伊知郎:手段じゃないから、メリハリを使わないで、スピード達成だけ考えちゃってるから。「より速く」みたいなことを考えて、舌先のオリンピックみたいなことを考えちゃってるから。

伊集院光:うん。

古舘伊知郎:グワーッとやって、マスターベーションってことがあるんで。

伊集院光:うん。

古舘伊知郎:伊集院さんが「反射神経鈍ってきた」ってひたすら考え続けることって、トレーニングかなって思いますね。

伊集院光:なるほど。

古舘伊知郎:意識するから。

伊集院光:凄いよく分かる。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事