山里亮太、『プロフェッショナル』でねほりんぱほりんの人形操演について語ったと明かす「これが天才のなす技」

2021年7月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、『プロフェッショナル』でねほりんぱほりんの人形操演について語ったと明かしていた。

山里亮太:今日ね、俺、穏やかじゃないのよ。ちょっとさ、聞いて欲しいのがさ。私ね、取材みたいな感じで。ドキュメンタリー番組『プロフェッショナル』ってあるでしょ?NHKさんがやってる。

で、私は『ねほりんぱほりん』っていう、モグラの人形でやってる番組あるんですけれども。そこで、『ねほりんぱほりん』でぶたさんを動かしてる、操演さんっていう方がいらっしゃるんです。で、その操演さんがプロフェッショナルで取り上げられるってことになって。

で、その操演さんについてコメントもらえませんか、みたいなことを言われたわけですよ、『プロフェッショナル』で。

「NHKの操演さん、人形扱う人の凄さって、しみじみ感じてるから、全然喋れます」と。「むしろ、この凄さを語るお手伝いができて嬉しいです」ぐらいの感じなの。天才なのよ、操演さんって。

俺、一番驚いたのは『ねほりんぱほりん』のシーズンいくつかが始まる時に、記者会見やるっつって。記者会見上には、ねほりんとぱほりんっていうもぐらの人形が2体いて、その机の下に操演さんがいて、俺とYOUさんが別のブースで記者の方と質疑応答すんのよ。

つまりは、生のやつやるの。いつもは、俺とYOUさんとテーマの人たちがラジオブースみたいなところにいて、普通に俺たちが喋ってるから。そこに後で人形を当てるっていう。それも凄いんだけど。

でも、生でやるってどうするんだろうって、何が凄いって、俺がYOUさんに喋りかけようとか、ツッコもうとした時には、もう俺のねほりんは、ぱほりん向いてんの。それって、俺が言って向くとかは普通じゃん。じゃないの、俺よりコンマ何秒絶対早いの、俺が喋るより。

だから、俺とYOUさんの呼吸と…口の動きとか見れないからね。別のブースにいるから。多分、呼吸と未来予知能力みたいなのだけで、記者会見場で完全にその動きとシンクロすんのよ。

で、あとでYOUさんと一緒に言ってたんだけど、ちょっとその動きに引っ張ってもらう時とか出てくるの。「あ、今、たしかにぱほりんがはしゃぐところだ」って思ったら、「ワーイ!」って言ったりとか。これが天才のなす技だなっていうの、結構熱く語れちゃったわけさ。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事