爆笑問題・太田、小山田圭吾のいじめ自慢問題で少しの擁護も許さず私刑で叩きまくることが許されていることを危惧「危うい世界だと俺は思っている」

2021年7月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、小山田圭吾のいじめ自慢問題で少しの擁護も許さず私刑で叩きまくることが許されていることを危惧していた。

太田光:「あれを擁護するのか」って、俺のところに来ますよね。あんな酷いことをした小山田を擁護するのか、と。

田中裕二:うん。

太田光:で、恐らくだから今の俺に対する反応を見てるとね、今のこの時点で小山田圭吾っていうのは、この瞬間、少しでも擁護することを許されない人物になっているんです。

田中裕二:うん、うん。

太田光:少しでも擁護した人間は、同じように消えろという。退場するべきだ、と、このテレビという世界、あるいはこの世界から。

田中裕二:うん。

太田光:それは同罪だからっていうふうな、今全体的な雰囲気がそうなってるんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:俺はそれを、また批判されるかもしれないけど、その世界を危うい世界だと俺は思っているんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:で、それはなんでかって言うと、「小山田を許せ」って言ってるわけじゃないんですよ、俺は。

田中裕二:うん。

太田光:俺が引っかかってるのは、人が人を裁いていいもんじゃないって俺は思ってるんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:裁くのは司法でしょ、そのはずじゃないといけないと思って。

田中裕二:うん。

太田光:「あんな極悪人だぞ。お前、それでもそれを言うのか。お前は冷血だ」って言われるんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:まぁたしかにそういう意味では俺、冷酷なのかもしれないけど。でも、それを守らないと、この世界は無法地帯になってしまうと思うんですよ。

田中裕二:うん、それはね。

太田光:それはいつ頃から始まったのかなということを考えると、ワイドショーがね、そういうことを始めたのは恐らく三浦事件のロス疑惑のあたりから、梨本さんあたりが警察より先んじて、どんどん事件を追っていく。

田中裕二:うん。

太田光:で、実際に三浦という人物は、たしかに怪しい人物だったっていうのは、我々、ワイドショーを見てそう思うわけですよ。

田中裕二:うん。

太田光:彼自身も、テレビ出るのが好きだったっていう状態があって、それが劇場型って言われて。

田中裕二:うん。

太田光:あの辺りから始まってきて、俺はあの時から実は疑問だったんです。テレビが、人を裁くということ。

田中裕二:うん。

太田光:あの時はネットもないから、テレビだったんですけど。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事