爆笑問題・太田、小山田圭吾のいじめ問題についての『サンジャポ』での発言が「視聴者の期待を裏切った」と批判されたことに反論「視聴者の気持ちを代弁しようと思ってやってない」

2021年7月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、小山田圭吾のいじめ問題についての『サンデー・ジャポン』での発言が「視聴者の期待を裏切った」と批判されたことに反論していた。

太田光:「太田は視聴者の期待を裏切った」と。「太田が批判するべきは、反省文に関して、出すならこのタイミングじゃないだろうっていうことと、組織委員会がああいう人物を選んだのは何でかっていうことを、視聴者は太田に言って欲しかったんだろう」と。

田中裕二:うん。

太田光:だから、「太田は視聴者を裏切ったんだろう」と。「まぁ、そうなのか」と思ったけど。

田中裕二:うん。

太田光:俺はね、あの『サンデージャポン』をやってる時に、視聴者の気持ちを代弁しようと思ってやってないんですね。

田中裕二:うん。

太田光:視聴者の鬱憤を晴らす意見を言おうと思ってやってないんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:俺は俺なりに、まぁ想像力は足りないかもしれないけど、俺なりに考えたことを話してるつもりなんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:で、その中で、あのいじめをね、「あの時代だからしょうがない」で片付けるのは、あまりにも無理筋だということが書いてあってね。

田中裕二:うん。

太田光:でも、何度も言うようで申し訳ないんだけど、俺はあのいじめ自体を「あの時代、当たり前だった」って言った覚えはないんです。

田中裕二:うん。

太田光:それは『サンデー・ジャポン』を録画してる人は一人もいないだろうけど…

田中裕二:またその話?

太田光:でも、俺はまぁそう言ったつもりはないんですね。あのインタビュー記事に関してなんです。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事