爆笑問題・太田、小山田圭吾のいじめ問題での擁護発言で炎上して障害について差別的な言葉で誹謗中傷されたと告白「『障害』ってことを俺に言ってくる人がいて」

2021年7月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、小山田圭吾のいじめ問題での擁護発言で炎上して障害について差別的な言葉で誹謗中傷されたと告白していた。

太田光:一人の人間を、再起不能に陥るまで叩き続けることが俺には躊躇があるんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:で、多分ね、今もそうだと思うけど、実際に小山田君に投げかけられている、ぶつけられている言葉っていうのは、これは相当なものだろうなって俺は想像するんです。

田中裕二:うん。

太田光:『サンデージャポン』の時点でも、俺はそれを実は「どうなんだろう…」って。それを誘発…誘発っていうのか、それは人が裁くってことですよね。

田中裕二:うん、うん。

太田光:っていうのは、なんでそう思うかって言うと、俺のところにも来るんだから。

田中裕二:うん。

太田光:だって、擁護したってだけでも「許さん」ってくるわけだから。それは、「お前はサイコパスだ」とか。

田中裕二:うん。

太田光:「障害を持った子供がいないから分かんないだろう」とか。あるいは、もっと差別的な、「障害」ってことを俺に言ってくる人がいて。俺は別にね、そんなの慣れてるから平気だけど。

田中裕二:うん。

太田光:あれが俺のところにも来るってことを考えると、小山田圭吾のところには、何千・何万って、恐らく…しかも世界中からそのバッシングは今、来てると思うのね。

田中裕二:うん。

太田光:それは自業自得だろう、と。「お前がやったことと因果応報だろう」って言うかもしれないけど。

田中裕二:うん。

太田光:俺はその判断、できないんですよ。もしあれが事実だったとしても、小山田圭吾があの時代にやった、あの学生時代にあったイジメが事実だとしてもね。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事