爆笑問題・太田、N国・立花孝志に番組スポンサー批判やMXに出向いての「恫喝」を続けると「どんどん番組へ出る場がなくなる」と発言

2019年8月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、「NHKから国民を守る党(N国)」党首の立花孝志参院議員に対し、番組スポンサー批判やMXに出向いての「恫喝」を続けると「どんどん番組へ出る場がなくなる」と発言していた。

太田光:彼がなんで、どっからもお呼びがかからないかって言うと、いろんな理由があると思う、地上波。

田中裕二:うん。

太田光:やっぱりスポンサーの攻撃とかをしちゃうと、やっぱりそれはね、「何を言うか分かんない」っていうふうになるのは、アイツも分かってる。立花君、君もわかってるはずだよね、テレビにいたんだから。

田中裕二:うん。

太田光:まぁ、NHKだからスポンサー関係ないのかもしれないけれども。

田中裕二:うん。

太田光:でも、そういう意味で言うと、あのMX前で恫喝するような行為は、「あれは恫喝じゃない」って言うかもしれないけど、あれは精神的な恐怖を与えてますよ。

田中裕二:うん。

太田光:で、ましてや「来ないで下さい」って言ってる、言葉では言ってるけど、来るのは分かってるでしょ、支持者が。

田中裕二:うん。

太田光:それをやってるんですから、それはやっぱりね、ああいうことをやっちゃったら、どんどん出る場がなくなるし、もうちょっとまともに、本気で出たいならね。

田中裕二:うん。

太田光:俺も協力…協力ってわけじゃないけど、俺は決して君は応援しないけども。君に会いたいことはたしかですし、しゃぶってもらいたいことはたしか。

田中裕二:やめなさい。それはダメ。

太田光:オカマ堀りたいとか色々あるけれども。それはそうなんだけど、要はね
、それが俺は1個ね、彼に言いたい。

田中裕二:うん。

太田光:だから、もうMXに行くみたいなことは、やってると、本来やりたかったことじゃ、なくなっちゃうよって俺は思ってる。

田中裕二:うん。

太田光:まぁ、違うかもしれないけどね、俺の思いと。

田中裕二:まぁね。

太田光:俺の思いと、立花の思いは違うかもしれないけど、ちゃんと話そうよってことね。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事