山里亮太、オードリー若林が倒れた『明日のたりないふたり』の裏話で「自分にもっとかまって欲しかった」と発言してリスナーが幻滅「もう聞かないと思います」

2021年6月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、オードリー・若林正恭が倒れた『明日のたりないふたり』の裏話で、「自分にもっとかまって欲しかった」と発言してリスナーが幻滅してしまったと語っていた。

山里亮太:私が先週喋った、『明日のたりないふたり』の裏話的なところによって…先週の私のラジオを聞いて、イヤな思いをしたという方に出会ってしまったわけですよ。

先週言ったのが、ライブ終わってね、漫才でもう死力を尽くして、漫才を終わって。袖にはけた瞬間に、若ちゃんがぶっ倒れた、と。過呼吸で倒れて、もう手足が痺れて動かなくなって、息も絶え絶えの中に、みんなに「漫才楽しかった、ありがとう」ってお礼を言ってる。

それをみんなで囲んでいる姿が、ブッダの最終巻みたいだった、と。菩提寺の下で、動物たちに囲まれるブッダのようで、その大外のイボイノシシが俺だった。で、挙句、若ちゃんばっかみんな見て、あの時、誰も見てなかった。

「もう若ちゃんを助けるには十分なぐらい人がいたから、何人か俺の話聞いてくれても良かったのに」って言ったら、それがやっぱりダメだったみたいで。その俺の話が、「物凄くイヤだった」って人がいて。凄くイヤだったんだって。

オードリー若林、ライブ『明日のたりないふたり』終了直後に救急搬送されたことを告白「俺、救急車で運ばれちゃってさ」

山里亮太、オードリー若林が『明日のたりないふたり』終了後に倒れているのにサトミツへ「今日、俺どうだった?」と質問して呆れられる「今ですか?」

だって、JUNKの公式に来てたんだよ。俺、ビックリしちゃってさ。しかも丁寧にね、「皆さんお疲れ様でございます」と。

「私は山ちゃんのことが好きで、ラジオ聴いてました」と。「それが、この前のラジオで若林さんが倒れているのに、それを見て自分にかまってkれないのがズルいというのを聞いて、嫌いになりました」と。で、「これからもう聞くことはもうないと思います」って書いてあったのよ(笑)

いや、真っ直ぐに受け止めてそういう風な思いをするっていう…俺のこと、好きだって言ってくれてたんだよ、その前は。でもさ、俺のこと好きだったってことは、ラジオずっと聞いてくれてたわけじゃない。

このコメントで合ってるか分かんないけど、嫌いになるタイミングってもっとあったと思うのよ、そこに行くまでに。

ってことはだよ、若ちゃんが倒れてんのに「ズルい」って言ったっていう、それで俺のこと嫌いになったってことは、絶対、俺より若ちゃんのことが好きじゃん。「私の大好きな若林さんが倒れているのを見て、俺の方を見て欲しいって言ったなんて」ってことは。

「だったら、わざわざ言ってこなくてもよくない?」って思っちゃいけないんだよ、絶対。絶対思っちゃいけないの、貴重な御意見だから。

でも安心なのは、「もう聞かないと思います」って書いてあったから、今日聞いてないと思うのよ。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事