山里亮太、富永美樹アナがいない『東大王』収録で「大将が違うと、こんな良い雰囲気になるんですね」と言ってしまいそれを富永本人に聞かれてしまったと告白

2020年10月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、元フジテレビアナウンサー・富永美樹がいない『東大王』収録で「大将が違うと、こんな良い雰囲気になるんですね」と言ってしまいそれを富永本人に聞かれてしまったと告白していた。

山里亮太:『東大王』、2本撮りの日でね。1本目の大将が、いつもは富永美樹さんとかなんだけど、違う方だったの。

で、この方は気さくな、軽い方で。1本目は富永さんがいらっしゃらなかったのね。2本目は来るってなってたんだけど。間、時間空いてるから、1本目は早めの収録だったからね。凄い雰囲気よかったの、1本目が。大将が凄い楽しくしてくれてて。

で、その大将の下、集まったみんなも「なんか今日、やりやすいね」みたいな空気だったの(笑)で、俺はその「なんか」のところを紐解いちゃって、「大将が違うと、こんな良い雰囲気になるんですね」って言ったりとか。

「なんか今日、凄い積極的に押せるのって、やっぱり変なブレーキがないからなんですかね」って。「何なんだよ、今日のチーム、すげぇ楽しそうじゃん」って、すげぇ言っちゃってたの。

それはでも、放送はしませんよ。そんなくだりは。でも、あまりに雰囲気よかったから、それ言ってたのね。で、1本目終わって、凄い盛り上がったんですけど。めちゃくちゃ盛り上がったの、その収録。

「いやぁ、楽しかった」って。で、2本目まで休憩があって。で、2本目はいつものように富永美樹さんが来るっていう。で、「あ、富永さんだ…」って思って。

山里亮太、富永美樹アナの『東大王』でのガチ過ぎる勝ちへの執念に「ああはなりたくない」と発言したことを知られてしまい必死のフォロー「いやぁ凄いんだよ、本当」

山里亮太、『東大王』収録直前で富永美樹アナに言われた恐怖の一言に絶句「こんな人間にはなりたくないでしょうからね」
この前のこともあるし、にこやかに「ああ…どうも、今日もよろしくお願いしますねぇ」なんて言ったら、「私、1本目の収録からずっと見てたんで」「…見てました?」「うん。なんか、雰囲気良かったですもんね、たしかに。いない方が」みたいな。

「でも、私はクイズ勝つためにやってるんで」みたいな。バッチバチだよ。

「私なんかいない方がいいんですよね」って言われて。そこは一回、経験してるから。そこはすぐ…「はっ、はっ、はっ…」って。チャオちゅーる食べてる猫みたいな音立ててた(笑)

リスペクトなんだよ。凄いんだから、勝負への執念。あと、読めない漢字が一つもないんだよ、この地球上に。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事