空気階段・鈴木もぐら、大阪の風俗店で電話受付として働いていた時に同じ店に在籍していた女性と12年以上ぶりに新宿で再会したと明かす「覚えてますか?ゆうなです」

2021年5月24日放送のTBSラジオ系の番組『空気階段の踊り場』(毎週月 24:00-25:00)にて、お笑いコンビ・空気階段の鈴木もぐらが、大阪の風俗店で電話受付として働いていた時に同じ店に在籍していた女性と12年以上ぶりに新宿で再会したと明かしていた。

鈴木もぐら:5時前ぐらいに新宿歩いてたらさ、新宿駅の近くで、「鈴木さん」って声をかけられて。

水川かたまり:うん。鈴木さん?

鈴木もぐら:で、パッと振り向いたら、凄い小柄な女性が。20代半ばぐらいかなっていう見た目の女性で。

水川かたまり:うん。

鈴木もぐら:そしたら、「リスナーの方かな?」とか思うじゃないですか。

水川かたまり:はい、はい。でも、「鈴木さん」ってあんまり言わないけどな。

鈴木もぐら:ふふ(笑)「鈴木さん」ってたしかにあんまり言わないね。

水川かたまり:うん。

鈴木もぐら:そう、そう。で、立ってたから、「はい?」って言ったら、「覚えてますか?ゆうなです」と。

水川かたまり:うん。

鈴木もぐら:で、言われても全然分かんなくて。「すみません、僕、分かんないです」って。

水川かたまり:うん。

鈴木もぐら:そしたら、「大阪で同じ店で働いてた、ゆうなです」って言うわけ。

水川かたまり:へぇ。

鈴木もぐら:「ええ?!」って思って。

水川かたまり:もぐらが、大阪に住んでた時に、デリヘルの電話受け付け?

鈴木もぐら:を、やってたんです、私は。そのデリバリーヘルスの方で、マットヘルスで写真受け付けもやってたから。

水川かたまり:うん。

鈴木もぐら:そのマットの方じゃなくて、デリバリーヘルスで働いてた子。

水川かたまり:へぇ。

鈴木もぐら:久々も久々でさ。最初、「ゆうなです」って言われても、源氏名だしさ(笑)

水川かたまり:うん。

鈴木もぐら:全然、分かんなくて。でも、言われて「ああ」って思って。面影はやっぱ残ってるんですよ。

水川かたまり:ああ、結構長いこと一緒に働いてた?

鈴木もぐら:半年ぐらいはいたかな、多分、一緒に。

水川かたまり:うん。

鈴木もぐら:働いてた子で。で、「ゆうなちゃん、久しぶりっすね」って。当時は俺が21で、ゆうなちゃんは23とかだったから。俺の中ではその時の記憶のままだったから。

水川かたまり:うん。

鈴木もぐら:で、俺34で、ゆうなちゃんは36なわけよ。

水川かたまり:おお。

鈴木もぐら:やっぱり、そんだけ時間経ってんだなぁっていうか。でも、面影は凄い残ってて。

水川かたまり:干支一周以上だもんな。

鈴木もぐら:そう。で、ゆうなちゃんが「会えると思わなかったんですけど、テレビで見た時に、凄い鈴木さんに似てるなって思いまして。検索してみたんですよ」って。

水川かたまり:うん。

鈴木もぐら:「そしたら、翔太って本名が出てきたんで。よく北原さんが翔太って呼んでたじゃないですか」って。

水川かたまり:北原さんっていうのは、店長?

鈴木もぐら:社長です。当時、僕が電話受け付けをしてた時の、社長が北原さんで。社長にお金を貸してもらって、俺はNSCに行ったり、東京に出てくることができたんだけど。

水川かたまり:今、社長はどうしてるの?

鈴木もぐら:今、社長はどこにいるのか分からないんでね…

水川かたまり:うん。

鈴木もぐら:まぁ、色々あって。大阪にいれなくなっちゃったんだよね。

水川かたまり:アチャー。

鈴木もぐら:で、今もうどこにいるのか分かららない。で、北原さんっていうのは通り名みたいなもんで、本名ではありません。

水川かたまり:アチャー。

鈴木もぐら:ふふ(笑)「その北原さんが翔太って呼んでたから、絶対そうだと思って、応援してたんですよ」って。



空気階段の踊り場

本日の人気記事