空気階段・鈴木もぐら、大阪でバイトしていた風俗店の優しかったスタッフたちが「娑婆にいてくれたら嬉しいよ、俺は」と語る

2021年5月24日放送のTBSラジオ系の番組『空気階段の踊り場』(毎週月 24:00-25:00)にて、お笑いコンビ・空気階段の鈴木もぐらが、大阪でバイトしていた風俗店の優しかったスタッフたちが「娑婆にいてくれたら嬉しいよ、俺は」と語っていた。

水川かたまり:北原さんっていうのは、店長?

鈴木もぐら:社長です。当時、僕が電話受付をしてた時の、社長が北原さんで。社長にお金を貸してもらって、俺はNSCに行ったり、東京に出てくることができたんだけど。

水川かたまり:今、社長はどうしてるの?

鈴木もぐら:今、社長はどこにいるのか分からないんでね…

水川かたまり:うん。

鈴木もぐら:まぁ、色々あって。大阪にいれなくなっちゃったんだよね。

水川かたまり:アチャー。

鈴木もぐら:で、今もうどこにいるのか分かららない。で、北原さんっていうのは通り名みたいなもんで、本名ではありません。

水川かたまり:アチャー。

鈴木もぐら:…同じように電話受付してた…

水川かたまり:ティーチャー?

鈴木もぐら:そう、ティーチャーとか。ティーチャーっていう、元ホストのスタッフがいたんだけど、俺と暮らしてたね。

水川かたまり:ふふ(笑)

鈴木もぐら:寮で…二人でマンションに住んでた。

水川かたまり:ふふ(笑)

鈴木もぐら:ティーチャーがいたんだけど。

水川かたまり:ティーチャーは今、何してるの?

鈴木もぐら:ティーチャーは分かんないよ、何してるか。

水川かたまり:ああ。

鈴木もぐら:娑婆にいてくれたら嬉しいよ、俺は。

水川かたまり:はっはっはっ(笑)娑婆にいてくれたら(笑)

鈴木もぐら:本当に(笑)全員そう。もう全員、優しいスタッフは元気にしてくれてたってよりは、娑婆にいてくれたら嬉しい。

水川かたまり:はっはっはっ(笑)娑婆にいてくれたら(笑)

鈴木もぐら:あそこで一緒に働いてた人たち、優しい人たち(笑)



空気階段の踊り場

本日の人気記事