山里亮太、『バナナサンド』でバナナマン設楽と共演して「設楽イップス」になっている自分を実感「ユニットコントの撮影後に言われたことで、ガクガク震えた過去が…」

2021年5月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、『バナナサンド』でバナナマン・設楽統と共演して、「設楽イップス」になっている自分を実感したと語っていた。

山里亮太:『バナナサンド』に行ってきましてね。この前、言ったのかな?「ゴリッゴリ、バラエティのところに行ってきた」って。それは、麒麟・川島さんの『転生』のやつに言ってると思うんだよね。

『バナナサンド』、バナナマンさんとサンドウィッチマンさんがやってるところに、南海キャンディーズで行かせてもらいまして。

いやぁ、ゴリゴリのバラエティでバナナマンさんとご一緒させてもらうのって、多分本当すげぇ久しぶりで。何年単位ぶり。ラジフェスとかでね、お会いさせてもらうことは…でも、結構前だよね。

『バナナサンド』の中でも言わせてもらってはいるんだけど、なんて言ったらいいのかな、俺、設楽さんイップスみたいなところがあって。

大好きだし、尊敬してるんだけど、やっぱ昔、一緒にユニットで番組やってた時の半分…イラストによくなるさ、あの目あるじゃん、設楽さんの。まぶたが3/4ぐらい占めているような。

あの感じでユニットコント撮った後に言われたセリフとかで、ガクガク震えた過去があるから。バラエティの場所で設楽さんと会うと、ドキドキしちゃうっていうのが昔からあって。で、ラジフェスとかでも緊張しまくってるっていう。

その設楽さんがいる現場に、しかもそれはゴリゴリのバラエティ。だからもう、ちょっとかかっちゃってね、俺が。大変だったのよ。かかっちゃった具合は、もう放送が始まって、使われるか分からないけど、放送が始まって秒でバレると思う、「俺、かかっちゃってんな」みたいな。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事