ナイツ塙、かが屋・賀屋のR-1グランプリ決勝ネタで改めて「かが屋が賞レースで苦戦する理由」を指摘「手数がなさすぎるんだよね」

2021年3月8日配信のYouTubeチャンネル『ナイツ塙の自由時間』の「上石神井ラジオ」で、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、かが屋・賀屋のR-1グランプリ決勝ネタで改めて「かが屋が賞レースで苦戦する理由」を指摘していた。

塙宣之:賀屋君は、あれかが屋のコントを一人でやってた感じだもんね。だから、かが屋のコントと、賀屋の昨日のコントも、やっぱり賞レースで決勝まで行く実力はもちろんあるんだけど。

でも、やっぱり手数が少ないんだよ。かが屋も手数が少なすぎるんだよ。間とか、そこの演技で笑わせる人たちだから。凄い高得点にしづらいっていうか。

実力というのはもちろんあるんだけど手数がやっぱ少ないんだよ。手数がなさすぎるんだよね。少なかったでしょ、昨日もね。

めちゃくちゃ面白いんだけど、少なさで質の高いものをやってるっていう評価が、どれほど審査員が分かるかどうかだよね。かと言って、中途半端なボケをいっぱい増やすのもしない方がいいかもしれないけどね。

ある意味、究極を言うと、かが屋って…賀屋も昨日そうなんだけど、ボケてはないからね。電車に乗り込もうとして、転んじゃって、コーヒーが原稿についちゃったっていう。ボケとか一個もないわけじゃない。

そういうことがあったっていう話だから。そこがある意味凄いんだけど。ツッコミどころがあんまないのかもしれないけどね。



ナイツ ザ・ラジオショー

本日の人気記事